2020.01.20

東京国立博物館で「窓展:窓をめぐるアートと建築の旅」を見る

Ph01_20200110222801

東京国立近代美術館で「窓展:窓をめぐるアートと建築の旅」を見た(1200円:2019/11/1-2020/2/2)。YKKが設立した窓研究所と協同して企画したものらしい。アートは窓をどのように描いてきたか、あるいはどうように利用してきたか、というのがテーマなんでしょう。

話題が多くて、見ている側としては整理がつかない感じもするけど、そこそこ面白かった。例えば、東北大学 五十嵐太郎研究室が作成した美術と建築と技術の3つの軸で構成した年表(写真下)。日本でガラスが一般的に使われるようになったのは19世紀とか。でも、この年表をじっくり見ているわけにもいかない。図録を買って見ることにした。

Ph03_20200110222801

前半では主に近代までの絵画と写真で扱う窓をテーマにした作品が並ぶ。この当たりの展示で面白かったのは以下の3点。

・19世紀初頭に大判ガラスの工場生産が可能になって、そこで製造されたガラスが近代化の進むパリのショーウインドウに使われる。

・ウインドウ・ショッピングがそこから始まる。ウジェーヌ・アジェやロベール・ドアノーのパリの写真に現れる。

・マティスやボナールが繰り返し窓を描く。バルコニーに立つ女と大きな窓といった感じ。

といったところ。

このほか気になった作品ですが、以下に列挙しておきます。

「窓からのぞく人 1」という1930年代から1940年代の出来事を扱う4人のアーティスを扱ったパートで見た林田嶺一の作品。下の作品はタイトルが《キタイスカヤ街のとあるレストランの窓》。2001年の作品です。林田嶺一(はやしだれいいち)は1933年に旧満州国で生まれの美術家。独学で絵を描き続けてきたが、2001年のキリンアートアワードで優秀賞を受けてから脚光を浴びるようになった、とのこと。この辺の経緯は美術手帖のWeb版に掲載された「櫛野展正連載29:アウトサイドの隣人たち 「死んだふり」の流儀」に詳しい。

Ph02_20200110222801

下はズビグニエフ・リプチンスキの《タンゴ》の1シーン。1980年のビデオ作品です。窓の開いた部屋に窓から子供が飛び込んできて、これを発端に、次から次へといろんな人々が全部で36人出入りするものです。1980年の作品ですからアナログのフィルムです。どうやらすべて別撮りしたあと、フィルムを切り貼りして合成したものらしい。これが8分超の作品なんですが、本当に驚異的です。飽きずに見入ってしまった。ちなみにタイトルの《タンゴ》はタンゴの競技会で互いにぶつからずにダンスを繰り広げるダンサーのようだ、という意味らしいです。 

Ph04_20200110223001

そして「窓の光」というパートで紹介された山中信夫とホンマタカシの作品。どちらも巨大な写真です。それもピンホール写真。

山中信夫は1972年からピンホール・カメラによる作品制作を始めて、1982年に急逝した美術家。山中のピンホール写真は部屋そのものを暗箱にして、壁とか窓にピンホールを作って、壁面に写った映像を写真製版に使う「リスフィルム」に感光させるというものです。そして、その手法をホンマタカシが現代に再現して作品を制作しています。「ホンマタカシの換骨奪胎」(新潮社:2200円)という本があるんですが、そこでホンマタカシがその過程を解説していたので、話しには聞いたことがあるけど、実物を見たのは初めてでした。

山名の作品はかなり大きい。244×254cmで20枚の印画紙を組み合わせたものです。下の写真は《ピンホール・ルーム3》というタイトルで1973年の作品です。

Ph06_20200110222801

下はホンマタカシの作品。こちら100×106cm。タイトルは《Camera obscura - thirty six views of mount fuji Shinjuku》、2017年の作品です。

Ph07_20200110222801

下の作品は、ゲルハルト・リヒターの作品。リヒターは画家ですが、こちらは立体物です。タイトルは《8枚のガラス》。2012年の作品です。大きさは230×160×378cm。図録の説明によると「約35%は鏡のように像を映し、65%は向こう側が透けて見えるという特殊なガラスを使用している」とのこと。

Ph08_20200110222801

写真を撮ると、下のように撮影している側が映り込みます。万華鏡ようで、かなり不思議な感じです。

Ph11_20200110222801

図録は平凡社から「窓展 窓をめぐるアートと建築の旅」(税別2500円)として発売されてます。

 

 

 

| | コメント (0)

2020.01.04

府中市美術館で「青木野枝 霧と鉄と山と」を見る

Ph01_20191230222401

府中市美術館で「青木野枝 霧と鉄と山と」(700円:2019/12/14-2020/3/1)を見た。青木野枝は1958年、東京生まれの彫刻家。鉄を溶接したり溶断したりして作品を制作している。作品は基本的に大きい。そして会場に合わせて制作されるので、作品はタイトルが同じでも大きさは違うように見える。どう大きいかというと、例えば下の写真は《霧と山-Ⅱ》というタイトルの作品で、府中市美術館の1階吹き抜けに立っている。おそらく高さ8mぐらいはあるのだろうか? 鉄の輪2個とその間に鉄の棒が5本、そしておそらくはポリカーボネート製の波板で構成されている。美術館に入ると目の前にこの2つがどーんと並んでいて、割と圧巻なのだけど、細いからすぐに圧力を感じなくなる。

Ph02_20191230222401
下の写真は小さい作品。タイトルは《立山/府中》。鉄製のテーブルにカラフルな石鹸がいくつも積み上がっている作品。石鹸は一般募集された使いかけのモノ。一見の色としてキレイなのですが、公式図録に掲載された寺尾紗穂による解説では、作者の青木のイメージは「石鹸の塔について、恐山に積んであるような賽の河原の石積み」と書かれていて、なかなか一筋縄ではいかない感じ。ちなみに石鹸については「ウクライナではナチの犠牲者のお墓に石鹸を供える」といった話もあって、これまた深い感じ。いずれにしても、青木の作品は再生と解体を繰り返す、一瞬のモノ達なのだろうと、それくらいは感じることができた。

Ph03_20191230222401

まあ全体的に地味ですが、撮影不可の会場内の作品達は、スペースをゆったりと使って展示されているので、そこそこ迫力がある。今回は上の2点を含めて、8つの立体作品とスケッチやドローイングが公開されています。鉄だけではなく、鉄とガラスを組み合わせた作品や、石膏を使った小山のような作品とか印象深い。

ちなみに一番の疑問はどうやって搬入したのか、そして搬出するのかです。答えはわりと単純で、鉄の輪とか棒とかはそのまま搬入して、その場で溶接するということ。搬出時には溶断して持ち出す、そうです。つまり再生と解体を繰り返す、ということです。

さらにちなみに、公式図録は書店でも購入できる。タイトルは「流れのなかにほかりのかたまり」(左右社:2200円)。残念なことに府中市美術館での展示会場は撮影されてませんが、制作過程をがっちりドキュメントしてたり、インタビューがあったり、寺尾紗穂による解説的レポートもあるので、そこそこお買い得かと思います。

| | コメント (0)

2019.12.23

平塚市美術館で「糸賀英恵展 うつろいのかたち」を見る

茅ヶ崎市美術館に行くついでに、一駅先にある平塚市の平塚市美術館にも行ってみた。平塚市美術館では「糸賀英恵展 うつろいのかたち」(無料:2019/12/14-2020/4/5)と「冬の所蔵品展―パフォーマンスする絵画」(200円:2019/12/14-2020/2/24)を開催してました。

P1063807

糸賀英恵展は1階と2階のロビーに展示してました。このため無料です。作品は立体物で、銅の板を金槌で叩き、溶接して作るそうです。鍛金というらしい。上の写真のようなたたずまいです。ちなみにタイトルは《朱をたぐる》。クローズアップすると下のようになります。なんとなく諸星大二郎のSFマンガとかに出てきそうな感じです。

Ph02_20191223233201

所蔵品展の方は、福田美蘭の《見返り美人 鏡面群像図》にひかれて見に行ったのですが、面白かったのは石井礼子という作家の《私の周囲》シリーズ。ぱっと見、俯瞰したところを細々と描き込んだ絵だけど、よく見ると複数の視点が組み込まれていて面白い。ちなみにモノクロで「日本画の素材である雲肌麻紙に割り箸と墨を使う」という手法で描かれている。残念なことに作家は2019年11月に45歳で亡くなってしまった。かなり残念。

| | コメント (0)

2019.12.20

茅ヶ崎市美術館で「城田圭介 -写真はもとより PAINT, SEEING PHOTOS-」を見る

Ph00
茅ヶ崎市美術館で「城田圭介 -写真はもとより PAINT, SEEING PHOTOS-」(500円:2019/12/14-2020/2/11)を見た。茅ヶ崎市美術館はJR茅ヶ崎駅から海の方に8分ほど歩いたところにある。高砂緑地という小高い丘の上に建ってます(写真上)。

城田圭介は1975年生まれ。写真を使った作品を制作しているのだけど、ちょっと普通の方法ではない。まず、対象となる写真は、よくあるスナップ写真で、割と大量に人物が写っているモノ。今回、この企画展を見に行く気になったきっかけは、美術館のサイトで見た「写真から人物のみを抽出し描いた絵画作品」が妙に印象深かったからだ。背景は無地でそこに大勢の人が並んでいるのだけど、背景が妙に広々としている。下のような絵だった。この絵のタイトルは《August 15,2018(Nijubashi Bridge)》。制作年は2019年。ちなみに会場で作品の撮影はOKでしたので気になった作品を掲載しておきます。

Ph02_20191219225201

上の《August 15,2018(Nijubashi Bridge)》はTouristシリーズの一つで、観光地を写した写真の中から人物のみを抽出しキャンバスに油彩で描いたもの。一方、下の写真はその逆になる。人がいなくて風景だけが残っている。

Ph03_20191216214901

タイトルは《遺跡と落書きがある風景》。制作年は2019年。一瞬、なんだか分からないのだけど、よく見ると、薄く人のシルエットが見える。下の写真はこの作品の右側を拡大したモノだけど、幽霊のように人のいた跡がある。Landscapeというシリーズで「写真のなかの人物の部分のみ、あたかも消すようにその背景描写で埋めた」ものだ。

Ph04_20191216214901

A Sence of Distanceというシリーズも面白い。なんでもない風景をスナップした写真がキャンバスに貼ってあって、その写真の周囲に風景を描きたしていく作品。写真の部分はカラーで追加で描かれた部分はモノクロです。下の作品のタイトルは《A Sence of Distance #12》。制作年は2003年。

Ph01_20191216214901

これらの作品を見て、改めて考えたくなるのは、写真と絵画の関係だろう。

作者は「日々の生にリアリティを求めること」と日常にあふれるスナップ写真を見ることは等しい、としている。一方でそういったスナップ写真を見続けるのは退屈で凡庸さを再確認するだけになる。そこで描くことで、あるいは背景で塗りつぶすことで、その写真を鑑賞にたえるものにできる、ということらしい。

このへんの考え方は、カタログ(1800円)にある写真家の鈴木理策との対談で語っているのだけど、それに対する鈴木理策の対応も面白い。

 

| | コメント (0)

2019.12.15

体調不良中年日記 動脈硬化編 入院して気になったこと

初めて入院しました。まあ大病院に入院したので、大きな問題はなかったのですが、以下の点が気になりました。
・費用
・入院中の着るもの、履き物
・パソコン、スマホやタブレットの持ち込みと使用環境
・暇つぶし

まず入院と治療費用。入院時にクレジットカードの情報を提出しました。この病院では、入院時に保証人を登録するか、クレジットカードの情報を登録するかの二者択一です。保証人として奥様の情報を出したら、家計を同じくする場合はNGとのこと。家計は別ですが、と食い下がったら、住所が同じ場合はNGとのことでした。まあ、どちらにしてもクレジットカードで支払うつもりなので、問題はないのですが。

日曜に退院したのですが、費用は次に通院したときに支払う、ということになりました。だたし、金額が退院時には分からないとのことで、後日、電話で聞くことになりました。翌日、電話したら、請求書をこれから送りますが、金額を今、知りたいですかと言われて、そりゃ知りたいので、聞いたところ、そこそこ高額でした。一応、限度額適用認定証を提示しているので、多少は抑えられているけど…。請求書が届いたので、診療点数をみたところ、85818点でした。つまり85万8180円ということになる。

高額療養費制度という医療費の負担を抑える制度があって、年齢と所得に応じて上限額が決まっています。限度額適用認定証は、その上限を示す区分を示したもので、加入している健康保険組合に交付してもらいます。区分と限度額の算出方法は以下のようになる。

 所得区分  自己負担限度額
①区分ア  252,600円+
(総医療費-842,000円)×1%
標準報酬月額83万円以上
報酬月額81万円以上
②区分イ  167,400円+
(総医療費-558,000円)×1%
標準報酬月額53万~79万円
報酬月額51万5千円以上~81万円未満
③区分ウ 80,100円+
(総医療費-267,000円)×1%
標準報酬月額28万~50万円
報酬月額27万円以上~51万5千円未満
④区分エ  57,600円
標準報酬月額26万円以下
報酬月額27万円未満
⑤区分オ(低所得者)  35,400円
被保険者が市区町村民税の非課税者等

通常は3割負担ですから85万8180円の3割は25万7454円となるのですが
区分アなら
252600+(858180-842000)×1%=252761.8
区分イなら
167400+(858180-558,000円)×1%=17401.8
区分ウなら
80199+(858180-267000)×1%=86110.8
といった金額になる。小数点以下は四捨五入すると思われます。一番上の区分アだと年収1000万円程度でしょう。その場合は、3割負担よりは少し安くなるといったところ。

入院中に着るものは、下着しか持ち込まず、甚平型の患者着をレンタルしました。タオル込みで500円でした。履き物はスリッパとかでいいかなと思ってましたが、スリッパはNGでした。「スリッパはつまずきやすくキケンですので、おやめください」とのこと。履き慣れたかかとの低い靴を奨励しています。ちなみに持ち込んだのは、スニーカー風の靴、洗面道具、ティッシュペーパー1箱、お箸、コップといったところ。あと携帯ラジオとタブレット、スマホ、パソコン、モバイルバッテリーも持って行きました。

パソコンは使えました。といってもWi-Fiもないので、4Gの携帯電話網を使って、通信しておりました。軽めの仕事は問題なし。まあ暇つぶしにはiPad miniを持ち込んで、ニュースを見たり、新聞電子版や電子書籍を読んだりしてました。ラジオも持って行ったので、結局、テレビは見なかった。スマホやiPad mini用のモバイルバッテリーは3本、持って行きました。10000mAhが2本、20000mAhが1本。これで十分でした。

| | コメント (0)

«体調不良中年日記 動脈硬化編 心臓カテーテルの巻