« 2006/6/8の気になったニュース | トップページ | マイケル・ケンナ展「IN JAPAN」を見る »

2006.06.11

延辺料理をいただく

Enpen上野の仲町通りというと、客引きの濃さでは台東区一番。この仲町通りの中程に黄色に紫で「羊肉串」という看板があって、前からとても気になっていた。しかし雑居ビルの3階で、2階は「パブ愛子」という状態では気にはなっても、なかなか入る気にならない。そんな店に、珍しいところがあるからと、連れて行かれるとは思ってもみなかった。しかもおっさん5人で。

で、入ってまず注文のときに驚かされた。曰く「5人だから羊を50串、牛を50串ね」。100串かい。料理が来る前に、いろいろ聞いてみると、延辺料理というものらしい。延辺(えんぺん)は地名。中国と北朝鮮の国境付近で、延辺朝鮮族自治州というところ。そこの料理らしい。中国と朝鮮料理のミックスなんだろうけど、そこにモンゴル系も混じっている感じ。長い金串に羊肉が刺してあるんだけど、かなりスパイスが効いている。なんとなく、タンドールチキンとかシーク・カバーブとか、そんな感じの味付け。これに唐辛子とかクミンとかを付けていただく。これがまた、ビールに合う。さらに言うならマッコリとかなり相性がいい。串は問題なく平らげて、5人で2万4000円程度。安いな。店の名前は延香亭。なんかほかにも、いろいろと見たことのない料理が大量にあった。また行ってみたいもの。

|

« 2006/6/8の気になったニュース | トップページ | マイケル・ケンナ展「IN JAPAN」を見る »

食事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 延辺料理をいただく:

« 2006/6/8の気になったニュース | トップページ | マイケル・ケンナ展「IN JAPAN」を見る »