« しりあがり寿の「マンガ入門」を読む | トップページ | 「ばらばらになった身体」を見る »

2006.08.14

「世界の音を訪ねる」を読む

World_music久保田麻琴の「世界の音を訪ねる」(岩波書店、940円)を読む。なんと、岩波新書では初の8cm音楽CD付き。CDは3曲入りで、なかなかのリズムとうねり。このCDを940円で買ったとしても、久保田麻琴ファンとしては納得するところ。ファンじゃないと微妙ではあるが、この音楽がよければ、本のなかで語られている音楽も気に入るはず。実際、私もそうでした。

さて本の方ですが、前半はブラジルのノルデスチ地方(北東部のこと)、モロッコ、シンガポールの音楽レポート。この辺は音楽を聴かないで読んでも欲求不満がたまる。後半は田中勝則が久保田にインタビューする形式。久保田の音楽人生が語られていて、なかなか興味深い。久保田ファンとしては、そういう経験の基にハワイ・チャンプルーなんかができたのね、とか、リアルタイムに聴いてきた音楽の話なので読みやすい。というわけで、最近の久保田麻琴によるblue asiaのシリーズやらを聴いております。

|

« しりあがり寿の「マンガ入門」を読む | トップページ | 「ばらばらになった身体」を見る »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11441/11424150

この記事へのトラックバック一覧です: 「世界の音を訪ねる」を読む:

« しりあがり寿の「マンガ入門」を読む | トップページ | 「ばらばらになった身体」を見る »