« 2006/12/13-14の気になったニュース | トップページ | 佐藤卓展「日常のデザイン」を見る »

2006.12.16

水戸で時価のうなぎをいただく

Unagi_tokujyou_jika
会社の元同僚A氏と水戸へ行く。うなぎを食べて、水戸芸術館でやっている《佐藤卓展「日常のデザイン」》を見るってのが目的。水戸へはA氏の車でいくので、交通費が安くなる。特急で行くと往復で7000円。車ならガソリン代、高速代と駐車料金を含めて8000円だから、2人で行くと4000円。移動時間はほとんど変わらないから、これはお得だ。ちなみに私もA氏もうなぎ好き。水戸でよく行く「ぬりや泉町大通り」でうなぎをいただくことに。

ここのうな重には、時価の特上がある。かなりうまいし、相当のボリューム。当然、調理に時間がかかるので行く前に、特上の値段を聞いて予約するのが望ましいのだが、今回は予約なしで行った。30分ほど待ちながら、うなぎ情報をA氏と交換。待つ事しばし、たっぷりあぶらののったうなぎの蒲焼きが3つ。これに肝吸いとお新香、ご飯がついて4800円。安いか高いか?私は安いと思う。特上を頼むと、特上用の山椒がくるのもポイントが高い。この山椒は本当に香りがよく、なんといっても新鮮な感じがよろしい。

でまあ、たっぷりうなぎをいただいたあと、水戸芸術館へと赴く。まあ、後ほど書くかも。

|

« 2006/12/13-14の気になったニュース | トップページ | 佐藤卓展「日常のデザイン」を見る »

食事」カテゴリの記事

コメント

うなぎ、時価という文字を目にして、読む前に「5000円!」と予想してみました。
私もうなぎ好きなので、写真をみて、くらくらっと来ております。

投稿: nora | 2006.12.17 12:40

時価のものも、この日は4200円、4800円、5300円の3種類があり、A氏は4200円を頼み、私は4800円を頼んだ。店によると、値段の差は大きさではなく品質とのこと。食べ比べた感じでは、500円の差は確かにあって、4800円の方があぶらのノリがよかった。となると5300円は!?と大きな疑問が残るのだけど、さすがにもう食べられません。次回の課題としましょう。

実は、A氏は食べきれなかったので、私がさらにもう1枚蒲焼きを食べました。その結果、夕飯は抜きました。

投稿: nemo | 2006.12.17 14:37

「ほぼ日」で佐藤卓展、大プッシュしていて、先週行ってしまいそうになったのですが、水戸まで電車賃7000円ですか…。ふらっと行くにしては結構しますね。レポート楽しみにしています。

投稿: rie | 2006.12.17 22:57

rieさんどうも。情報ありがとうございます。ほぼ日でやってますね。
http://www.1101.com/sato_taku/index.html
行く前に読んでおくといいなあ、と行った後に思ってます。

ちなみに上野〜水戸を往復すると4420円。
特急に乗ると往復で2600円アップ。やはり高いですよね。
実は高速バスという手もある。片道2080円。
2時間30分かかるのが難点。特急なら上野〜水戸で1時間22分。

投稿: nemo | 2006.12.18 08:25

そう言われてみると、水戸への交通情報が“雑誌の編集者”っぽい細やかさだなと。

今日は神田でうなぎ一匹まるごとコースなるものを食べてきたのですが、頭を揚げたやつとか骨までムダなく食べつくしました。うなぎ好きならもしかするとご存知のお店かもしれません。

投稿: rie | 2006.12.28 22:21

まあ、調査報道で育ったから、つい細々と調べたくなる。

ところで、神田のうなぎ一匹まるごとコースは、知りませんでした。
どこですか?

投稿: nemo | 2006.12.31 02:25

「ふな亀」で検索してみてください。
価格設定間違ってるのでは!? というお安さ(2100円)です。

かなりの老舗らしいのですが、店内は一見飲み屋風。「ここってうなぎ屋さんですよね?」とお店の方に聞いてしまうほどでした。

投稿: rie | 2007.01.04 21:53

ふな亀の前を通ったことは何度かあって、気になってました。何かの機会に行ってみることにします。

投稿: nemo | 2007.01.06 14:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 水戸で時価のうなぎをいただく:

« 2006/12/13-14の気になったニュース | トップページ | 佐藤卓展「日常のデザイン」を見る »