« 最近、気がついたこと:諸星大二郎、杉浦日向子、広告批評 | トップページ | 美術手帖創刊60年、アート・トップ休刊など »

2008.11.13

小林秀雄のCDを聴く

小林秀雄は当然、本居宣長とか、考えるヒント、とかの小林秀雄です。小林秀雄の講演はなかなか、と茂木健一郎氏が絶賛していたので、ずっと気になっていた。でもCDは高価なので、ためらっておった。ところがどっこい、文芸誌の「新潮」の12月号にCDが付録で付いていると聞いて、久しぶりに文芸誌を買ってしまった。拝聴すると、江戸っ子な感じのしゃべりっぷり。声のトーンというか話のリズム、間の取り方が古今亭志ん生的なのがよろしい。志ん生が哲学を語っているような錯覚というか幻聴というか、なんとも不思議な感じ。やはりCDを買ってみようか?

|

« 最近、気がついたこと:諸星大二郎、杉浦日向子、広告批評 | トップページ | 美術手帖創刊60年、アート・トップ休刊など »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 最近、気がついたこと:諸星大二郎、杉浦日向子、広告批評 | トップページ | 美術手帖創刊60年、アート・トップ休刊など »