« 高松の“銀座”で一息つく | トップページ | 金刀比羅宮に詣でる »

2010.04.29

高松の栗林公園で途中下車

高松で一泊して、翌日、東京へ帰る前に2カ所よるところがある。メインは金刀比羅宮の若冲展。サブは栗林公園。で、まずは朝起きて、栗林公園へ向かう。琴電に乗って、片原町って駅から、栗林公園駅へ。そこから歩いて10分程度で到着。入場料は400円。花は椿が満開で桜が七部咲きといったところ。栗林公園というのだから、栗の木があるのかしら、と思ったが、松が基本で、栗の木はない。Wikipadiaによると「栗林であるが当初から松を中心とした庭園である。名の由来となった栗林はかつては北門付近に存在していたが伐採された」とのこと。

Ritsurin5

Ritsurin4

まあ、一応、桜と椿を撮影。椿って撮るのが難しい。

Ritsurin2

こういう、燕子花図にでてきそうな橋もあるし、大きな池があちこちにある。当然だけど、池には鯉が悠然と泳いでいる。

Ritsurin1

栗林公園で目につくのは、こういう、ほかの庭園にはない設備。下はハタキで靴についたほこりを払ってね、っていうもの。それもなんとなく手作り。なのに、ちゃんと英語で説明があるのもユニーク。外人観光客が多いのかしら?日本語・英語・ハングル語・中文〔繁体語・簡体語〕・ドイツ語・フランス語・スペイン語の音声ガイドが借りれたりする。

Ritsurin3

|

« 高松の“銀座”で一息つく | トップページ | 金刀比羅宮に詣でる »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 高松の“銀座”で一息つく | トップページ | 金刀比羅宮に詣でる »