« 直島で家プロジェクトを見る | トップページ | オーバルに行ってみる »

2010.04.17

ベネッセハウスに泊まってみる

Museum_7

直島の宿泊先はベネッセハウスのミュージアム棟。上の写真のように山の中腹にあり、部屋がすべて海に面してます。眺めはなかなかよろしい。泊まった部屋は203号室で上の写真でいうと、建物の一番上が3階で、その下の階、左から2つ目の部屋(高解像度版はこちら)。ちなみに、203号室からの眺めは、下のようになる。

Museum_5_2

ベネッセハウスにはミュージアム、オーバル、パーク、ビーチの4つの建物があり、設計はすべて安藤忠雄。ミュージアム棟は、名前の通り、美術館兼用の建物で、宿泊客以外は1000円の入場料が必要になる。ホテルのチェックイン・カウンターの横にジャコメッティの作品があったりするところで、部屋の中にもそれぞれ作品が飾ってある。部屋の中の作品は宿泊客じゃないと見ることはできないので、全部、見ようと思ったら、そこそこのお金が必要になる。ミュージアム棟にした理由は、予約しようと思ったときには、そこしか空きがなかったためだが、結果的には良かった。宿泊客なので、いつでも作品を鑑賞できるって、特典がある。早朝、誰もいないところで、じっくりと眺めていられるのは、結構、贅沢なことなのだ。

Museum_3_2

建物のなかは、安藤作品なので、上の写真のようにコンクリート打ちっぱなし。1階から2階への階段なんだけど、右側の壁になんだか雑草のようなものが生えてますが、それが須田悦弘の作品「雑草」。

Museum_4_2

こちらは、杉本博司のタイム・エクスポーズド。地下1階、といっても建物が山の中腹にあるから、土のなかというわけではない、のテラスのようなところに展示してある。海景シリーズを屋外に展示して、どんどん劣化していくはずの作品。でも銀塩写真ってそこそこタフでなかなか変色しない、というようなことを、この前、杉本さんが講演で話していたような気がする(高解像度の写真はこちら)。

Museum_6_2

でまあ、これが朝飯。豪華です。ミュージアム内にある一扇という和食レストランでいただきました。朝飯は予約制で、2310円。ちなみに夜は、ナイトプログラムを見たあとで、20時から一扇で和食のコースをいただいた。香川は日本酒がうまいところなので、お燗してもらってそこそこ飲んでしまった。1泊2食をミュージアムで過ごしたので、費用はかかりました。2人で6万円ってところですね。まあ、この内容なら、リーズナブルなところでしょう。

|

« 直島で家プロジェクトを見る | トップページ | オーバルに行ってみる »

art」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

杉本博司」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 直島で家プロジェクトを見る | トップページ | オーバルに行ってみる »