« 伊藤若冲 特別展「百花若冲繚乱」を見る | トップページ | 岡本太郎記念館に行ってみる »

2010.05.03

国宝燕子花図屏風を見る

Nedu2

根津美術館で「国宝燕子花図屏風 琳派コレクション一挙公開」(5/23まで、1200円)を見る。根津美術館には国宝が7つあるが、その中でも人気があるのが、燕子花図屏風だろう。例年、上の写真のように根津美術館の庭園で燕子花の咲くこの時期に公開されてきたが、このところ美術館の改築で未公開のままだった。どうやら4年ぶりの公開らしい。そのおかげか、開館に合わせて行ったつもりが、電車1本乗り遅れたら、もう行列ができていた。10分ほど並んで、入場券を購入。ちなみに、1時間程度みたあとの帰り際にも行列はあったので、休みの時期は10分程度は並ぶことを覚悟した方がいいかも。

やはり光琳の燕子花図はすばらしい。群青と緑青、金箔だけだけどシンプルで力強い。しかし、この絵、燕子花の下には金箔が貼られていない、とのことで、型紙を使って、ある程度はパターンを並べていったものらしい。 だから、今までの屏風絵とは全く違う。

ちなみに、同時に展示されているものの中では、鈴木其一の夏秋渓流図がなかなか。

あとは庭を見て、写真撮影。ここの庭はいつきても、きれいですが、この時期はまたいい感じ。

Nedu1

Nedu3

|

« 伊藤若冲 特別展「百花若冲繚乱」を見る | トップページ | 岡本太郎記念館に行ってみる »

art」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 伊藤若冲 特別展「百花若冲繚乱」を見る | トップページ | 岡本太郎記念館に行ってみる »