« MO+で「こどものにわ」を見る | トップページ | 市川で花火を見る »

2010.08.02

「もうひとつの場所-野又 穫のランドスケープ」を見る

Gunma_mma_2

群馬県立近代美術館で「もうひとつの場所-野又 穫のランドスケープ」(8月29日まで、500円)を見る。野又 穫(のまたみのる)さんは空想上の建物を描く画家。野又さんの作品をまとめて拝見できるというので、群馬まで行ってきた。群馬県立近代美術館は群馬県立公園「群馬の森」のなかにある。高崎からバスで25分程度のところだ。入り口のあたりにはトチノキが植えられていてちょっとした並木道になっている。並木道を抜けると門があって、その先に広々とした芝生と森が広がる。その中に近代美術館と歴史博物館が並んでいる。上の写真は、巨大な馬の銅像なんだけど、その後ろが美術館。磯崎新による設計とのこと。

野又 穫は作品は下ような感じ。巨大な建物が精密に描かれている。バベルの塔のような建築物とか、気球や風車や帆と組合わさった奇妙な建物が並ぶ。目新しかったのは、夜景と人工の巨大な湖を俯瞰した作品かな。今回の展覧会のカタログは、青幻舎から出版された「ALTERNATIVE SIGHTS―もうひとつの場所 野又穫作品集」(3990円)。ちなみに下の写真はそれを開いたところ。
Nomata_minoru_2

野又展のあと、2階に上がって常設展と同時開催の「群馬青年ビエンナーレ2010」を拝見。展示スペースがとても広い。2階の奥に「山種記念館」なる展示スペースまであった。「山種記念館」は山種証券の創業者、山崎種二の寄贈による作品の展示スペース。ちなみに常設にはモネの睡蓮から岸田劉生の作品まで、いろいろあって、そこそこ面白かった。

|

« MO+で「こどものにわ」を見る | トップページ | 市川で花火を見る »

art」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« MO+で「こどものにわ」を見る | トップページ | 市川で花火を見る »