« 京都で少し和む 伏見で一杯 | トップページ | 京都で少し和む 伏見で町宿 枩邑に泊まる »

2011.12.27

京都で少し和む 京阪とか近鉄で見た少し見慣れないモノ

今回の京都旅行で、近鉄とか京阪電車とかに、久しぶりというか、ほとんど初めて乗車した。所変われば品変わる、ってなわけで、こんなモノやらサービスがあるんだと、「へー」な感じがしたので、取りあえず記録に残しておく。まず京阪電車。正式名称は京阪電気鉄道株式会社。祇園から深草に向かうとき、乗った車両がちょっと変わっていた。それが下の写真。

Img_2553

乗り降りするドアの前にどーんと座席がある。どの駅でも当然、このドアは開かない。なんとなく、座席は取り外しが可能なようには見える。まあ、降りてみて分かるんですが、下の写真のようにドアのところに「ラッシュ用ドア」とある。つまり、ラッシュ時はこの座席が外されて、ドアが開くようになるわけですな。

Img_2555

あと、京阪電車で珍しかったのはキャンペーンガールとでもいうのか、「おけいはん」ですね。

Img_2607

あちこちで見る「おけいはん」。「おけいはん.ねっと」なるサイトもあるほど。Wikipediaによると「京阪電気鉄道(京阪・京阪電鉄)が2000年12月より登場させているイメージキャラクター。現在4代目まで存在する」とのこと。関東の私鉄にはこういうのってないですね。まあ、JRもメトロもないだろうけど。

あと近鉄。京都から東寺に1駅のったのだが、車両がちょっと見慣れなかった。

20111118_113451

まあ、見てもらえば分かると思うのだが、車両と車両の間にあるバンパーみたいなものが、見慣れないか形をしている。なんとなく、板状のものがあったり、あるいは特に何もない、という記憶があるのだけど、この車両は針が並んでいる感じで、なんとなく痛い。挟まれたくないなあ、と思うのであった。

|

« 京都で少し和む 伏見で一杯 | トップページ | 京都で少し和む 伏見で町宿 枩邑に泊まる »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11441/53585169

この記事へのトラックバック一覧です: 京都で少し和む 京阪とか近鉄で見た少し見慣れないモノ:

« 京都で少し和む 伏見で一杯 | トップページ | 京都で少し和む 伏見で町宿 枩邑に泊まる »