« 兵庫県立美術館で「榎忠展 美術館を野生化する」を見る | トップページ | 京都で少し和む 何必館でElliott Erwitt展を見る »

2011.12.14

京都で少し和む まずは東寺へ

11月中旬に京都、大阪、神戸に行ってきた。基本は相方が神戸マラソンに参加するのに合わせて、応援することであったが、この時期、休みをとることは滅多にないので、コレサイワイと関西の美術系スポットを見てきた。

まずは京都に下車。秋の京都は特別公開が多い。数多くの特別公開の中から、今年の夏、東京国立博物館で開催された空海展で、強烈な印象に残った立体曼荼羅が見たくて、東寺に行ってみた。秋の特別公開は、9月20日〜11月25日。毎年、同じ日程の模様。京都で新幹線を降りて近鉄に乗り換え、隣の駅である東寺で下車。歩いて数分で東寺の南大門に到着する。数年前に来たときは、夜だったので、ライトアップされた五重塔を撮影して、帰ってしまったのだけど、今回はじっくり拝見することとなった。ちなみに、五重塔の夜景は以下のようなもんです。

37970916

上の写真の高解像度の画像はPanoramioにアップしたので詳しくはこちらで。

東寺の特別公開は五重塔のなかに入れるのとか、宮本武蔵の水墨画が拝見できるとか、であったが、五重塔の中にはいれるのは、ちょっと興味深いし、なにより立体曼荼羅を見たかったので、1300円払って入場した。まあ、五重塔は修理中で白い袴でもはいているような感じで、少々残念であった。

Gojyunotou1

さらに、五重塔の中は、撮影できないのがさらに残念だけどが、暗くてよく分からん、というのが本音だな。続いて薬師如来のある金堂と立体曼荼羅のある講堂を拝見。東京国立博物館で見たときは、各仏像の周りをぐるりと歩けたのだけど、今回は曼荼羅の中には入っていけないのがかなり残念。ここも当然、中は撮影不可。ちなみみ仏像も面白いけど、お堂の入り口あたりにある、消化用の水が入った赤いバケツが妙にキチンと配置されていて、印象深い。

Touji_syouka

この後、宝物館と観智院を見て次に移動。個人的には東寺の土産物売り場にあった、リラックマの東寺バージョンに東寺の懐の深さを感じ入ってしまったわけ。

Touji_rirakkuma


|

« 兵庫県立美術館で「榎忠展 美術館を野生化する」を見る | トップページ | 京都で少し和む 何必館でElliott Erwitt展を見る »

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11441/53366781

この記事へのトラックバック一覧です: 京都で少し和む まずは東寺へ:

« 兵庫県立美術館で「榎忠展 美術館を野生化する」を見る | トップページ | 京都で少し和む 何必館でElliott Erwitt展を見る »