« 京都で少し和む 伏見で町宿 枩邑に泊まる | トップページ | 望郷 山口晃展を見る »

2012.01.03

東京国立博物館で初詣

上野の東京国立博物館が今年で開館140周年を迎えるおかげで、例年やっている「博物館に初もうで」っていう年始めのイベントもちょっと気合いが入ってました。開館140周年記念として1月2日~9日の期間は毎日先着1400名様に土偶ストラップ(海洋堂製)をプレゼントする、とのこと。早速、1月2日の朝、開館の9時半を目指したけど、ちょっと遅れて9時40分ごろ到着したら、もう配布終了。なかなかの人気です。しょうがないので、翌日1月3日にリベンジしてみました。さすがに8時50分ごろに到着したおかげで、下の遮光器土偶ストラップを入手できました。

Dogu

1月2日に混んでいた理由は土偶ストラップだけじゃなく、「北京故宮博物院200選」(2月19日まで)の人気もあった模様。特に「清明上河図」がすごくって、この展示場所だけ、別途入場制限をするほど。「清明上河図」は北宋の都・開封(かいほう)(現在の河南省開封市)の光景を描いたもので、12世紀の作品。この時代に市民生活を克明かつ精密に描いた絵というのは、世界的にないわけで、名画となるわけです。まあ、私はあんまり興味がないのでパンフレットを見て満足してます。

どうしても、という方々は朝、早くきて一番のりすれば、並ばずに拝見できるかもしれませんが、結局、大量に並ぶ行例の圧力を感じながら見ることになります。まあ、この作品だけ1月24日までの展示なので気をつけましょう。

まあ、清明上河図のおかげで、ほかの展示はすいていて、じっくり拝見できます。個人的には、清朝の皇帝の巡幸を描いた「康熙帝南巡図巻」が長大で細密で保存状態もよく、かなり美しいと思いました。

本館の展示は龍だらけで、なかなか。2階中央は下の写真の龍がいるし、その下の岩佐又兵衛の龍もいいなあ。龍と言えば虎ってことで、応挙の虎もよかったな。

P1030042

Iwasa_dragon

このほか、尾形光琳の風神雷神図も拝見いたしました。まあ去年も見たけどね。まあ、アップを撮影して、壁紙にでもしようかと思う今日この頃。

Fujinraijin

Fujin

あと、「根付 高円宮コレクション」も見逃せない。2階の中央にある小部屋で公開してます。現代のもので、色もきれいだし、凝ったものが多く、かなり欲しくなります。


Neduke


|

« 京都で少し和む 伏見で町宿 枩邑に泊まる | トップページ | 望郷 山口晃展を見る »

art」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11441/53646740

この記事へのトラックバック一覧です: 東京国立博物館で初詣:

« 京都で少し和む 伏見で町宿 枩邑に泊まる | トップページ | 望郷 山口晃展を見る »