« 望郷 山口晃展を見る | トップページ | 名古屋で美術館巡り——豊田市美術館へ »

2012.03.22

名古屋で美術館巡り——まずはメナード美術館

相方が名古屋ウィメンズ・マラソンに参加するので、応援もかねて名古屋へ行ってきた。まあ、ついでにというか、私からすると、こちらも重要なんだけど、美術館をいくつか巡ってきた。

まずは3月10日の朝、みぞれまじりの東京から名古屋へ移動。新幹線のなかで朝飯をいただく。新幹線での朝飯は、カツサンドにしている。カツサンドもいろいろあって、今回は初めてみたCoCo壱番のロースカツカレーサンドにしてみた。カレー味のカツサンドね。

Coco

名古屋について、地下鉄で宿となる東横イン名古屋栄の最寄り駅の新栄へ移動。東横インに荷物を預けて、マラソンの受付のためナゴヤドームへ。名古屋ウィメンズ・マラソンではナゴヤドームが起点と終点をかねている。かなり広いところだし、屋根があるので、こういう使い方に向いているな。ところで、ナゴヤドームの最寄り駅は地下鉄の名城線の「ナゴヤドーム前矢田(ナゴヤドームまえやだ)」ってところなんですが、このネーミングはどうなんでしょう。かなり変わってますな。

P1030093

さて、本題。手続きを済ませた相方とナゴヤドームから、メナード美術館へ移動。メナード美術館はメナード化粧品の創業者のコレクションを展示する美術館。小牧にある。名鉄小牧線の小牧駅から徒歩15分。ちなみに小牧は名古屋コーチン発祥の地とのこと。駅前にコーチンの像があります。

Komaki

メナード美術館に行こうと思ったのは、たまたまNHKで北斎の娘、応為の作品「夜桜美人図」がメナード美術館で展示されていることを知ったからだ。まあ、応為の作品って、原宿の浮世絵太田記念美術館にある「吉原夜景図」ぐらいしか見た事がないので、かなり気になる。応為の夜景は美しく、小さな光が闇の中を照した瞬間を柔らかくとらえている。ともかく独特の雰囲気がある。というわけで、メナード美術館である。

Menado

メナード美術館は上のような建物。平べったいが、実は奥行きがある。正面からじゃ分からないけど、中庭もある。今回は所蔵企画展「ひかり 絵画にみる光の表現」(4/1まで、800円)を開催中。テーマとして光を扱った作品をまとめたものだけど、バラエティに富んでいて、なかなか面白かった。岸田劉生の「道と電信柱」が印象的。あと、おそらく常設の展示と思われるマリノ・マリーニの大きな「馬と騎手」の木彫と船越桂の「長い休止符」という作品も印象深い。こういう美術館が近所にあるといいねえ、とまあ思いましたよ。

|

« 望郷 山口晃展を見る | トップページ | 名古屋で美術館巡り——豊田市美術館へ »

art」カテゴリの記事

名古屋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11441/54277542

この記事へのトラックバック一覧です: 名古屋で美術館巡り——まずはメナード美術館:

« 望郷 山口晃展を見る | トップページ | 名古屋で美術館巡り——豊田市美術館へ »