« Lumix LX7で撮影してみる | トップページ | 「須田悦弘展」を見る »

2012.09.23

「館長 庵野秀明 特撮博物館」を見る

Seiri_seiton

 木場の東京都立現代美術館で「館長 庵野秀明 特撮博物館」(10/8まで,1400円)を見た。副題は「ミニチュアで見る昭和平成の技」。このところ毎年,夏に開催されてきたジブリとの合同企画で,東京都立現代美術館としては最大の稼ぎ時だ。8月という興行的には集客が難しい時期に,親子連れが押し寄せるのがこれまでのパターンだったけど,今年はさらに,特撮ファンという濃い方々も集まるので,結構な収益になるはず。確かに,立派な混み具合で,私は初日前日のオープニングで見たので,なんとか並ばずに拝見できたけど,その後,何度か見に行ったけど,だいたい入場に60分待ちだったりする。ちなみに入場券を入手しておかないと,入場券を買うためにさらに30分ぐらい並ぶことになる。

 日本の特撮映画とかテレビ番組の紹介に始まって,特撮現場にある倉庫の再現,撮影技術の解説,撮影用のミニチュアセットの公開,といった展開なんだけど,まあ最大の見せ場は「巨神兵東京に現れる」という9分の短編特撮映画でしょう。文字通り,ある日,東京に巨神兵が現れて,破壊し尽くす,というもの。まあ,3.11というか,原子力発電所というか,そういったものの比喩としての巨神兵なんでしょう。スマホで写真を撮っているうちに,スマホごと焼き尽くされしまうわけです。

 この特撮映画に使われた,東京のミニチュアセットが展示されていて,ここは写真を取り放題なのね。まず,アパートのミニチュアセット。映画では部屋越しに,巨神兵が見えるシーンがある。

Mini2

それから,東京タワーが折れている東京。あと西荻窪駅のミニチュア。ちなみに東京タワーのあたりは歩き回れるようになっているが,とんでもなく混んでいる日は,ここも並んで入るみたい。まあ,人は写ってしまうだろうなあ。

Mini1

Mini3

でまあ,気になるお土産関連ですが,ここでも海洋堂さんのフィギュアがカプセル化されて売ってます。1回500円。既に3回,買いました。カプセルはしたのようなものです。

Img_3489

今回はこのフィギュアとiPhone 4Sケースも購入。ケースは2100円でした。

Img_3495


|

« Lumix LX7で撮影してみる | トップページ | 「須田悦弘展」を見る »

art」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11441/55674278

この記事へのトラックバック一覧です: 「館長 庵野秀明 特撮博物館」を見る:

« Lumix LX7で撮影してみる | トップページ | 「須田悦弘展」を見る »