« 豊田市美術館で「黒田辰秋・田中信行|漆という力」を見る | トップページ | 体調不良中年日記 大腸内視鏡検査&ポリープ切除編 »

2013.04.06

名古屋の美術館をいろいろ見てまわる

豊田市美術館を見た翌日,相方が名古屋ウイメンズマラソンに出場している間に,名古屋市内の美術館を見て回る。名古屋市内にはかなり数の美術館がある。まずは,金山にある名古屋ボストン美術館へ。

P1010562

場所は,JR金山駅,名鉄金山駅,地下鉄名城線金山駅のすぐそば。金山駅南口に出て,右側に上の写真の建物があって,この中に入っている(高解像度版の画像はこちら)。建物自体は金山南ビルという地味な名前でこの中に「ANAクラウンプラザホテルグランコート名古屋、名古屋都市センター、公共駐車場、金山南パークという4つの施設から構成される」とのこと。このビル手前の3階から5階が名古屋ボストン美術館になる。2階から専用のエスカレーターで3階に上がって,入場券を購入する。ちなみに土日エコ切符で入場料は200円引きである。

この美術館は名前の通り,米国のボストン美術館と提携して,ボストン美術館の収蔵品を展示する“姉妹館”で,1999年に設立された。当時は結構,話題になっていたけど,もう10年以上経つ。デビュー当時はそれなりにお金をかけて宣伝したけど,あまりぱっとしないまま地味に活動している感じである。天井が低いし,全体に古ぼけた感じがする。

今回は「ドラマチック大陸風−景画でたどるアメリカ」(5/6まで1200円)という,風景画展をやっていた。まあ,どうということはないけど,アンセル・アダムスとエドワード・ウェストンの風景写真とジョージア・オキーフの抽象的な作品が拝見できたのでちょっとうれしい。むしろ併設でやっていた「すくいとられたカタチ」(5/6 まで)という現代美術展の方が興味深かった。こちらはボストン美術館芸術大学と愛知県立芸術大学の教官による作品展で,テーマはフォルムということだけど,よくわかりません。日本側は倉地比沙支,白河ノリヨリ,大﨑のぶゆき。ボストンはFritz Buehner,Barbara Gallucci,Mary Ellen Strom。倉地比沙支の作品が印象的でした。まあ,作品より,ボストン美術館芸術大学ってのは知らなかったので,そっちの方が興味深かった。

P1010565

続いて,ヤマザキマザック美術館に移動(上の写真の高解像度版はこちら)。ヤマザキマザックという工作機会の製作会社の創業者のコレクションを展示している。かなり気合いの入った美術館。場所は地下鉄東山線の新栄駅の上。入場料は1000円ですが,土日エコ切符で100円引きです。5階と4階に展示室があって,まずは5階にエレベーターで上がる。5階は絵画中心で,4階はアール・ヌーヴォーのガラス作品,家具などの展示。5階には18世紀から20世紀までのフランス絵画がわりとゆったりと展示されている。まあ,いろいろ作品はあったけど一番気に入ったのはモディリアーニの「ポール・アレクサンドル博士の肖像」。ちなみに4階の展示もなかなかで,特にエミール・ガレの作品がかなり数多くあって,すごい。ここで,これだけの作品を拝見できるとは思いもよらず,かなりお得な感じです。

Img_4466

ヤマザキマザック美術館から30分ほど歩いて堀美術館へ移動。上の写真が外観です(高解像度版はこちら)。こちらはダイテックという設備&土木用のCADソフトの開発会社の創業者のコレクションを管理している美術館。入場料は1000円だけど,例によって土日エコ切符で200円引きです。日本の近代・現代絵画を展示している。まあかなり小規模ですが,三岸節子の作品とか,梅原龍三郎,藤田嗣治の作品があるし,なんと長谷川利行の「ノア・ノア」を拝見できた。調べてみたら,2010年に2700万円で落札されたというリリースがあったので,どうやら,ここが購入したらしい。割と驚きますが,1000円の入場料ってのは高いですね。500円で100円割引とかいうのが妥当なとこでしょうねえ。

ちなみに,この界隈は江戸,明治,大正の歴史的な建造物いくつかあるらしく,名古屋城から徳川園までエリアを「文化のみち」と呼んでいるらしい。ちょうど,名古屋城と徳川園の中間にあたる地域だ。ぶらりと歩いて,気になったのでなかに入ってみたのが「文化のみち橦木館」。(下の写真,高解像度版はこちら)入場料は200円。大正末期から昭和初期にできたものだそうで,入り口が2階建ての洋館でその後ろに和館がつながっている建物。和館の裏に土蔵があるし,庭には茶室もある。200円ならいいか,という感じ。あまり時間がなくて,そんなにじっくりは拝見できなかったけど,この界隈は再訪してみたいところですな。

P1010572

|

« 豊田市美術館で「黒田辰秋・田中信行|漆という力」を見る | トップページ | 体調不良中年日記 大腸内視鏡検査&ポリープ切除編 »

art」カテゴリの記事

名古屋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11441/57039991

この記事へのトラックバック一覧です: 名古屋の美術館をいろいろ見てまわる:

« 豊田市美術館で「黒田辰秋・田中信行|漆という力」を見る | トップページ | 体調不良中年日記 大腸内視鏡検査&ポリープ切除編 »