« 十和田市現代美術館周辺のパブリックアートを見て回る | トップページ | 朝倉彫塑館がリニューアル »

2013.08.16

すみだ水族館の年間パスポートをとってみた

83508858

東京スカイツリーの足下にあるすみだ水族館がなかなか楽しいので年間パスポートを購入した。入場料は2000円だけど、年間パスポートは4000円。当日券からの切り替えが可能なので、最初に入ったときに気に入れば、2000円追加して年間パスポートに変更できる。3回目以降は無料になるのはもちろんだけど、券売の受付に並ばなくても入場できるのがうれしい。すみだ水族館の特徴は、クラゲの一生が観察できるラボとか、2フロアの高さの巨大水槽があるけど、やはり国内最大級の屋内開放プールがよろしい。ペンギンとオットセイの泳ぐのが拝見できる。上の写真がその水槽(高解像度版はこちら)。

83508857_2

巨大水槽は「東京大水槽」と呼んでいて、小笠原諸島の海の生き物が拝見できる(写真上:高解像度版はこちら)。最近の水族館には、よくあるものだけど、こういう海に面していない内陸の水族館では珍しいと思う。海水の維持管理が難しいからだ。すみだ水族館では「人工海水製造システムにより、水槽内の水の完全人工海水化」しているとのこと。内陸の水族館では、一日に全体の5~10%の海水を輸送車で運んで入れ替えなければいけないのだが、その必要もなくなる。輸送コストがなくなり、CO2の排出量も削減できる。ちなみに、人工海水製造システムは大成建設の技術で、京都水族館にも導入されているらしい。

P1010319_2

もうひとつ、珍しいのが「すみだラボ」。クラゲやイソギンチャクの生態解説などがある、単に眺めるというよりは、学びの要素が加わった設備。クラゲの発生から成長が観察できるのも、面白い。

|

« 十和田市現代美術館周辺のパブリックアートを見て回る | トップページ | 朝倉彫塑館がリニューアル »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11441/57991381

この記事へのトラックバック一覧です: すみだ水族館の年間パスポートをとってみた:

« 十和田市現代美術館周辺のパブリックアートを見て回る | トップページ | 朝倉彫塑館がリニューアル »