« auのMVNOなど:2014/12/8-12/12の気になったニュース | トップページ | 使わなかった分、翌日か翌月に繰り越せるMVNO:12/15〜19の気になったニュース »

2014.12.15

東京都庭園美術館で「内藤礼 信の感情」を見る:LX100で撮影してみた

Ph01_2

 リニューアルした東京都庭園美術館に行って、久しぶりにいろいろと撮影してみた。庭園美術館は、庭園もいいのだけど、まだ未公開。もう一つの売り物である「朝香宮家の本邸」を見せる「アーキテクツ/1933/Shirokane アール・デコ建築をみる」を拝見する。つまり建物と内装、家具などを鑑賞する。この展示のいいところは、撮影可なところ。平日であればOKということなので、会社で昼飯のついでに、買ったばかりのLX100を持って寄ってみた。入場料は700円。12月25日まで開催している。ちなみに上が正面から撮影したところ(高解像度版はこちら)。


Ph02_2

 こちらは、玄関の裏側。かのルネ・ラリックによる立体的な女神さん達のガラス装飾を裏側から撮影してみました(高解像度版はこちら)。


Ph03

本館を見た後は、新館へ。今回のリニューアルでは3年かけて、本館の設備を改修し、この新館を建設した。新館は現代建築で、2つのギャラリーとカフェ、ミュージアムショップからなる。美術家の杉本博司さんをアドバイザーとして迎えて、施工された。今回はこのギャラリーと本館を使って「内藤礼 信の感情」
というインスタレーションと絵画の展示をしている。上の写真は本館を出て渡り廊下から新館の入り口を見たところ(高解像度版はこちら

Ph04

こちらは、中に入って、ミュージアムショップの横から庭に出て、庭に向かう路から新館を撮影したところ(高解像度版はこちら)。


Ph06

 ガラスの壁が新館入り口のアプローチのところにある。波打った感じが独特で、杉本氏によると「本館を象徴するエントランスのルネ・ラリックのガラス扉と呼応するように波板ガラスを使って、訪れる人々に21世紀の装飾芸術の有り様を密かに問いかけるアプローチとなりました」としている。ガラスは三保谷硝子製とのこと(高解像度版はこちら)。

Panorama

えーと、こちらはiPhone 5sで撮影したパノラマ写真。新館と本館の裏側を1枚に納めてみました(高解像度版はこちら)。

Ph08

最後の3枚は本館で撮影した「信の感情」のインスタレーション。小さな木彫の人形が部屋の中のどかにいる、という趣向。鏡の前にいたり(上:高解像度版はこちら)、床の上に立っていたりする(下:高解像度版はこちら)。

Ph05

人形以外に、毛糸で編んだ帽子、というのもある。下がそれで、中庭にあるペリカンの像が白い帽子をかぶってました(高解像度版はこちら)。

Ph07

|

« auのMVNOなど:2014/12/8-12/12の気になったニュース | トップページ | 使わなかった分、翌日か翌月に繰り越せるMVNO:12/15〜19の気になったニュース »

art」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

杉本博司」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11441/60810666

この記事へのトラックバック一覧です: 東京都庭園美術館で「内藤礼 信の感情」を見る:LX100で撮影してみた:

« auのMVNOなど:2014/12/8-12/12の気になったニュース | トップページ | 使わなかった分、翌日か翌月に繰り越せるMVNO:12/15〜19の気になったニュース »