« 名古屋市博物館で「エピソードでたどる 書の散歩道」を見る | トップページ | 2015/4/6-4/10の気になったニュース:ハイレゾ音源対応のCDステレオシステムなど »

2015.04.13

東京都現代美術館で「ガブリエル・オロスコ展」を見る

 木場の東京都現代美術館で「ガブリエル・オロスコ展-内なる複数のサイクル」(2015/5/10まで、1100円)を見る。ガブリエル・オロスコは1962年生まれのメキシコ人。ある意味、つかみどころのない作家です。面白い形が何気なく含まれるスナップ写真風の写真群に始まり、三分割した自動車の真ん中を省いて左右両側をつなぎ合わせたモノ、ブーメラン、石、巨大なノート、2つのピンポン台と池を組み合わせた4人で遊べるピンポン台などが並んでいる。それで、なぜか写真撮影可とのことで、撮影しておきました。

 下の写真が、シトロエンDSというクルマを三つにおろして、真ん中を取り除き、左右を丁寧に貼り合わせた作品。中をのぞくと、運転席と後部座席に各1人座れるように見える。パンフレットか何かの写真で見たとき、合成写真かと思ったんですが、リアルなモノであることに、ちょっと感動しました(高解像度版はこちら)。

P1040439

 これも、よく分からない作品。「Ping-Pond Table」というタイトルです。ネットの代わりに池というか水槽があって、X字型に組み合わせたピンポン台でピンポンができる、というものです。ラケットは置いてあるし、ピンポン玉も借してくれるので、そこでピンポンができますが、私の見ていた範囲では、サーブを池に落としておしまい、という方々がほとんどで、ラリーは見られなかった(高解像度版はこちら)。

P1040748

 
 写真撮影可というのもよかったけど、もう一つ、iOS版の解説アプリを用意しているのも意欲的です。iBeacon対応で、いる場所に合わせて作品解説を出してくれるものだ。下がその画面です。アプリならではの特典もあるので、ぜひiPhoneなどをお持ちの方はダウンロードしておきましょう。ちなみにAndroidは非対応です。

Ap

|

« 名古屋市博物館で「エピソードでたどる 書の散歩道」を見る | トップページ | 2015/4/6-4/10の気になったニュース:ハイレゾ音源対応のCDステレオシステムなど »

art」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11441/61430571

この記事へのトラックバック一覧です: 東京都現代美術館で「ガブリエル・オロスコ展」を見る:

« 名古屋市博物館で「エピソードでたどる 書の散歩道」を見る | トップページ | 2015/4/6-4/10の気になったニュース:ハイレゾ音源対応のCDステレオシステムなど »