« 2015/7/21-7/24の気になったニュース:日本で初めて東京都内にソーラー充電スタンドなど | トップページ | 2015/7/27-7/31の気になったニュース:YahooのIFTTTもどきなど »

2015.07.27

竹橋の近美で「No Museum, No Life?―これからの美術館事典」を見る

Ticket

 東京国立近代美術館で「No Museum, No Life?―これからの美術館事典 国立美術館コレクションによる展覧会」(9/13まで、1000円、サイトに100円の割引券あり)を見る。早く見に行きたかったのですが、結局、7月後半になってから行きました。賛助会員制度に申し込んで、会員証やら展覧会のチケットが届くのにそこそこ時間がかかったからです。待たずに1000円ぐらい払えばいいではないかとも思ったが、なんかもったいなくて、結局、届くのを待って行きました(関連記事:東京国立近代美術館の賛助会員になってみた)。

 タイトルは、美術館(博物館)がないと生きていけない?、ということですが、まあ、アートがないと生きていくのはつらいだろうけど、生きてはいける。美術館がないとつまらないだろうけど、生きてはいける、とは思います。つまりというか、テーマは美術館です。そして、こちらもタイトルにあるように国立美術館5館(東京国立近代美術館、京都国立近代美術館、国立西洋美術館、国立国際美術館、国立新美術館)の合同展です。まあ、いろいろと考えさせられるテーマと展示でした。ちなみに上の写真はチケットなんですが、辞書に使う薄い紙を使ってます。そこそこ凝ってますね。

 展示内容は「美術館の構造や設備、作品の保管や運搬、展示、解説、そしてそれにかかわる多くの人々・・・、そこには様々なストーリーがあります。今回はそれらにスポットを当て、事典に見立てた A から Z までの 36 のキーワードにそって紹介していきます」とのこと。そして「日本のナショナルミュージアムである5館の所蔵作品は、紀元前から現代、西洋から東洋、絵画から写真、彫刻といった実に幅広い種類のコレクションであり、一人でも多くの方に見ていただきたい国の芸術財産です。今回はいつもと違った切り口で、それらの中から厳選したルノワール、ロダン、マルセル・デュシャンや岸田劉生など、約 170 点もの作品をご紹介します。」としてます。ちなみに、5館のうち新国立美術館だけ、コレクションを持たないので4館の収蔵作品のなかから、選択している。4館合計で41882点。そのうち169点を出展しているそうだ。

 展示はその方法が面白く、展示されている作品もよかった。あと、基本撮影可というのもよかった。ところどころに撮影不可の作品がある程度で少し気を付ければOKです。例えば「額縁」のところでは、下のような感じですが、写真がよくないんだけど、一番内側の額縁のなかは壁をくり抜いてあって、壁の向こう側の展示が見えています。

Frame

 下の写真は「収蔵庫」。各美術館の収蔵庫の様子を見せたものです。原寸大のモノクロ写真の上に1点だけ本当の作品を展示してます。意図はよくわかりませんが、4館すべて藤田嗣治の作品です。下の写真は東京国立近代美術館の収蔵庫で、リアルな作品は藤田嗣治の「パリ風景」。あんまり藤田っぽくないね。

Storage

 作品として初めて見たもので、気に入ったのは孫原&彭禹の「I am here」かな。下の写真で、180cmぐらいの身長のイスラム系戦士って感じの方が何かをのぞき込んでます。何をのぞき込んでいるかは、展覧会でご確認ください、ってところかな。

Iamhere

 とまあ、楽しめたし、入場料は1000円で、この1000円には常設展を見る権利も含まれているので、基本、お得です。一方で、カタログに書かれている解説を読むと、なんとも出口のないような現実が見えてくる。曰く「日本の美術館は墓場ではない。いや、墓場ですらない」。美術館が墓場である、というのは否定的な意味も、肯定的な意味も含むのだけど、日本の美術館はその議論以前の状態にある、としている。美術館の収蔵品(コレクション)にしても、海外の有名な美術館、例えばニューヨーク近代美術館は15万点を超えるが、日本の国立美術館は4つ合わせても約4万点で、それこそ束になってもかなわない。まあ、日本の美術館の歴史も浅いものだし、ある意味、これからなんだろうけど…、と諸々、答えのない問いについて考えてしまう、そこそこ奥の深い展示でありました。

|

« 2015/7/21-7/24の気になったニュース:日本で初めて東京都内にソーラー充電スタンドなど | トップページ | 2015/7/27-7/31の気になったニュース:YahooのIFTTTもどきなど »

art」カテゴリの記事

東京国立近代美術館」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11441/61963487

この記事へのトラックバック一覧です: 竹橋の近美で「No Museum, No Life?―これからの美術館事典」を見る:

« 2015/7/21-7/24の気になったニュース:日本で初めて東京都内にソーラー充電スタンドなど | トップページ | 2015/7/27-7/31の気になったニュース:YahooのIFTTTもどきなど »