« 2015/8/24-8/28の気になったニュース:オンキヨーのハイレゾ対応SDプレーヤーなど | トップページ | 栃木県立美術館で「画楽60年 渡辺豊重展」を見る »

2015.08.31

宇都宮美術館で「パウル・クレー だれにも ないしょ。」を見る

 P1050048

 宇都宮美術館まで「パウル・クレー だれにも ないしょ。」(1000円、9/6まで)を見に行った。NHK日曜美術館で放映したこの展示についての番組「パウル・クレー 秘密のメッセージ」を見て、ちょっと実物を見たくなった。ただし、宇都宮美術館は前からのぞいてみたいと思っていたのだけど、駅から遠いし、交通費がかかるから、躊躇してきた。パウル・クレー見たさについに行ったのだけど…。展示は良かった。でも諸々面倒な旅でした。

 「『この世で僕を捉まえることはできない』と言い残したクレーは、けれども、秘密に近づくための合図をそれとなく画中にしのばせてもいます。 秘密を宿しながら解読へと誘い、ときに身をかわし、最後には解けない謎へと導いていく。 そうした画家の微笑の跡をたどるべく、本展は6つのテーマで、クレーの思考と感性に分け入ります。」という内容です。

 どうもクレーの絵は色彩のおもしろさに目が捕らわれてしまって、その先のメッセージにたどり着けない感じがあったのですが、この展示でかなり見えてきました。例えば矢印、フェルマータなどの記号が暗喩するものとは何かとか、あるいはいくつかの絵は、実は1枚の絵を切断したもので、それをつなぎ合わせると一つのメッセージが現れるとか…。かわいい抽象画のはずが、実はナチスを批判するメッセージ性の高い絵であったりする。ちょっとですが、クレーの絵の見方が変わってきました。

 この展覧会、謎解きの解説も面白いけど、量と質の面でもなかなか。日本初公開が31点あり、クレー自身が「特別クラス」とランク付けして売らずに手元に置いた作品も40点ある。ちなみに、2015年9月19日から11月23日の日程で兵庫県立美術館に巡回する。関西の方々も楽しみですね。ちなみにカタログは2500円で、印刷の質もよく、解説も充実してます。

 さて、宇都宮美術館ですが、里山な感じの丘の上にあります。「うつのみや文化の森」という森林公園が隣接していて、なかなかいい感じです。敷地がそこそこ広いので、建物は1階建てです(写真下:高解像度版はこちら)。おそらくは地下に収蔵施設があるんでしょう。広い展示室が3つあり、今回のクレー展は2つの部屋を使ってました。残りの1部屋はコレクション展に使ってました。コレクション展もそこそこ面白く、やなぎみわの幅12mはある巨大な作品「夜半の目覚め」はちょっと驚きました。あとビゴーの油彩も珍しかった。

P1050036

 下の写真は入口のところから見える、美術館横の大きな芝生に設置されたオブジェ(高解像度版はこちら)。クレス・オルデンバーグ作「中身に支えられたチューブ」とのこと。クレス・オルデンバーグの作品というと、東京ビッグサイトの巨大なのこぎりを思い出すけど、ここにもあったかという感じ。

P1050038

 下の写真は、うつのみや文化の森の大きな芝生(高解像度版はこちら)。その周りを木々が囲んでいて、さらに森の中を散策できるようになってます。

122871079

 いいところですが、行くのが大変だし、帰るのもさらに面倒です。なんといっても東京駅から宇都宮駅まで新幹線で行くとざっと50分というのはいいんだけど、片道4730円かかります。そこからバスで25分ほどかかりますが、バスの本数が少ない。そのバスも整理券方式で、かつ交通系電子マネーは使えません。ちなみにバス代は410円でした。

Img_7930

 行きはよかったんですが、帰りに、寸前のところでバスに乗り遅れ、次のバスが来るのが1時間半後という目にあいました。それも売店が混んでて、さらに売店でクレジットカードが使えないということで妙に時間を浪費してしまったのが悪いんですがね。次の目的地である栃木県立美術館までGoogleマップによると徒歩1時間半とのことでしたので、とりあえず歩き始めました。まあ山の上から下っていくので、それほどきつくはないのですが…。15分ほど歩いたところで、たまたまGoogleマップの示した経路に帝京大学があり、そこのバス停のそばを通ったときに、たまたまバスが来たので乗りましたけど…。この辺はクルマ中心なんでしょうね。

 公共交通がもう一つで、本数が少ないのはかなわないし、バス代も往復で820円ってのも高額です。バス内で両替はできるけど、小銭も準備しておきたいところ。交通費だけで1万円かかっているので、栃木県立美術館にも行ってみることにしました。それは後ほど書きたいと思います。

|

« 2015/8/24-8/28の気になったニュース:オンキヨーのハイレゾ対応SDプレーヤーなど | トップページ | 栃木県立美術館で「画楽60年 渡辺豊重展」を見る »

art」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11441/62187542

この記事へのトラックバック一覧です: 宇都宮美術館で「パウル・クレー だれにも ないしょ。」を見る:

« 2015/8/24-8/28の気になったニュース:オンキヨーのハイレゾ対応SDプレーヤーなど | トップページ | 栃木県立美術館で「画楽60年 渡辺豊重展」を見る »