« 兵庫県立美術館の常設展示を見る | トップページ | 東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館で「絵画のゆくえ2016 FACE受賞作家展」を見る »

2016.01.18

2016/1/12-1/15の気になったニュース:富士フイルムのX-Pro2など

富士フイルム、新開発のセンサーとプロセッサーにより、「Xシリーズ」史上最高の画質と機動性を実現
プレミアムミラーレスカメラ「FUJIFILM X-Pro2」
光学式と電子式を切り替えられる世界唯一の「ハイブリッドマルチビューファインダー」がさらに進化

http://www.fujifilm.co.jp/corporate/news/articleffnr_1035.html?_ga=1.187225312.995472239.1448029763

Ffnr1035_01

「新開発の2430万画素「X-Trans™ CMOS III」センサーと超高速の新型画像処理エンジン「X-Processor Pro」を搭載し、優れた色再現、階調再現、低ノイズと高速AFを実現したプレミアムミラーレスカメラ「FUJIFILM X-Pro2」(以下、「X-Pro2」)を、平成28年2月18日より発売いたします。「X-Pro2」は、「Xシリーズ」史上最高の画質と機動性を実現したフラッグシップモデルです」とのこと。従来機のX-pro1からほぼ3年ぶりの後継機ということになる。有効画素数は1630万画素から2430万画素に増えてます。気になるのはファインダーで「アドバンストハイブリッドマルチビューファインダー」という光学式と電子式を切り替えられる機構。Leica Mマウントアダプタがあるのでかなり注目してます。お値段は高めで、AmazonでX-Pro2のボディのみで19万3910円
。とりあえず貯金中。

エプソン、約11,300ページ※1、2年分※2のインクで、気兼ねなくプリントできる
エコタンク搭載プリンター3機種 国内新規投入

http://www.epson.jp/osirase/2016/160112.htm?fwlink=jptop_news_160112

Epson_1

カートリッジ方式からユーザーがインクを注入する方式を採用した新機種。「購入時にインクボトルを各色2本ずつ、2年分のインクを同梱し、約11,300ページ(カラーの場合)の大量プリントが可能です」とのこと。大量に印刷するなら割安です。お値段はカラー複合機のEW-M660FTが5万9370円。

ソニー、照明の新しい付加価値を提案するマルチファンクションライトを開発
http://www.sony.co.jp/SonyInfo/News/Press/201601/16-002/

Sony

「ソニーは、専用のLEDシーリングライトと、コントロール機能などを持ったマルチファンクションユニットを組み合わせた、マルチファンクションライトを開発しました」とのこと。「マルチファンクションライトをリビングルームや寝室などの天井照明用ソケットに取り付けると、本機を介して、テレビやエアコンなどをスマートフォン等で操作することができます。また、スピーカー・マイク機能を搭載しており、音楽再生や別の部屋にいる家族と会話するインターホン機能も搭載しています。マルチファンクションライトは、専用アプリケーションソフトをインストールしたスマートフォンとの連携により、生活を便利にしたり、コミュニケーションを円滑にしたりするなど、照明器具の新しい付加価値を提案するものです。なお、2016年度前半を目標として商品化を目指しており、ソニーから電材卸事業者や住宅会社へ販売することを予定しています。」エンドユーザーが購入できるかどうか不明ですが、面白い試みかと思います。むしろソニーが住宅関連に進出する先鞭になるかもしれません。



JVCケンウッド、BluetoothR搭載スポーツ用ヘッドホン「HA-ETR80BT」を発売

http://www3.jvckenwood.com/press/2016/ha-etr80bt.html

Jvc

「Bluetooth搭載で約15gの小型軽量化を実現」というのがいいなあ。そして「内蔵バッテリーにより、約4.5時間の連続音楽再生を実現」とのことなので、まあ通勤+αなら2日は使えるかと思います。HA-ETR80BTのお値段はアマゾンで1万770円とのこと



オムロン、高低差±5cmを正確に検知する絶対圧センサー、量産開始

http://www.omron.co.jp/press/2016/01/c0112.html

C0112

「世界最高クラスの精度で±5cmの高低差における気圧の変化を正確に検知する「絶対圧センサー」を開発し、本日より量産を開始します」とのこと。「今回量産を開始します「絶対圧センサー」は、気圧を検知するMEMSセンサーチップと信号を処理するICチップを縦2.0mm×横2.5mm×厚み0.85mmの小型パッケージに搭載することで、高低差±5cmに相当する±0.6Paの気圧変化を高精度に測定する絶対圧センサーです。圧力検出部における可動領域を拡大することでMEMSセンサーチップの高感度化を実現すると共に、ICチップにデジタルフィルターを内蔵することで徹底した低ノイズ化を図りました。これにより当社従来品比10倍(※3)の高精度化を実現した本製品を、スマートフォンやタブレットPC、フィットネス・健康管理向けウェアラブル端末、活動量計(※4)などに搭載することで、立つ、座る、寝る、倒れるなどの人の動作や、階段などの昇降を高精度に判別するアプリケーションを実現します」。スマホメーカー様、早く採用してください。

ゼンリン、地図データをデザインに活用したステーショナリー発売
http://www.zenrin.co.jp/news/160113.html

Bg_visual

こういった文房具がほしいかというと、そうでもないんですが、もし日本中、どこの地図でも使えるなら、宣伝用にいい商材になるんじゃないかと思います。



「ソフトバンクでんき」を4月1日より提供開始

http://www.softbank.jp/corp/group/sbm/news/press/2016/20160112_03/

JXエネルギー、家庭用電力「ENEOSでんき」の先行受付開始およびサービスメニューについて
http://www.noe.jx-group.co.jp/newsrelease/2015/20160114_01_1026053.html

ノジマ店舗で「ENEOSでんき」の取扱いを開始

http://nojima.co.jp/ir/news/docs/2016011401.html

この週の「電力小売り全面自由化」のリリース。ENEOSでんきは関東で利用可能。ソフトバンクは東京電力と提携。さてどうしましょう。


NTTコム、インターネット接続サービス「OCN ADSLセット」
および企業向けネットワークサービスにおける一部メニューの提供終了について

http://www.ntt.com/release/monthNEWS/detail/20160113_2.html

ADSLって消えていくのね。といった感じ。

|

« 兵庫県立美術館の常設展示を見る | トップページ | 東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館で「絵画のゆくえ2016 FACE受賞作家展」を見る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2016/1/12-1/15の気になったニュース:富士フイルムのX-Pro2など:

« 兵庫県立美術館の常設展示を見る | トップページ | 東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館で「絵画のゆくえ2016 FACE受賞作家展」を見る »