« 国立西洋美術館で「カラヴァッジョ展」を見る | トップページ | 2016/4/4-4/8の気になったニュース:スマホを天体望遠鏡にするガジェットなど »

2016.04.08

馬の博物館で「馬鑑(うまかがみ) 山口晃展」を見る

Ph01

 横浜市中区の根岸競馬記念公苑のなかにある馬の博物館で「馬鑑(うまかがみ) 山口晃展」(2016/3/26-5/29:200円)を見た。最寄駅はJR根岸駅かJR山手駅。案内によると徒歩15分とある。丘の上にあるので、ひたすら坂をのぼっていく感じ。バスもあります。入口は上の写真のようになってます(高解像度版はこちら)。

 根岸競馬記念公苑は根岸森林公園と合わせてみると分かるのですが、下の図のように巨大な楕円形で、日本で初めて洋式競馬が開催された場所だそうです。ともかく広々としてます。ここに馬の博物館がありまして、「馬と人との交流によって育まれた文物を自然史・歴史・民俗・美術工芸・競馬のフィールドに分けて、収集、調査、研究、展示を行ってきました」とのこと。なぜ、ここで山口晃展なのか、というは興味深いところです。

Ph02


 博物館によると「横浜・馬の博物館を運営する(公財)馬事文化財団は、本年創立40周年を迎えます。また、かつてこの地で賑わいを見せた根岸競馬場も開設されて150周年の節目を迎えることから、馬の博物館春の企画展ではこれらを記念し、話題の画家、山口晃の展覧会を開催します」と特別なことを強調してます。山口画伯については「合戦図や厩図などにみられる馬とオートバイの合体した表現は、馬の持つ潜在的能力を、現代のオートバイに重ねて、動力の力強さを捉え、逞しい日本在来馬の姿を絶妙に表現しています」としてます。山口作品には確かに、馬とオートバイを合体させた、架空のサイボーグがよく登場する。その辺が接点らしい。

 ちなみに見どころは、
 ・山口晃初となる博物館での個展開催!
 ・約12年ぶりとなる「厩圖(うまやず)」の新作を披露!
 ・山口晃の《厩圖》と桃山時代の《厩図》(館蔵品)を並べて展示するなど、山口作品と博物資料のコラボレーションを多数実施。
 ・山口晃の作品にちなみ、大型バイクと日本在来馬、刀剣や甲冑などが登場。
 ・常設展示の曲り屋が、山口晃の手によってインスタレーションに!?
とのこと。

 山口画伯による厩圖は2001年版と2004年版があって、両方とも展示されてます。ちなみに厩図は「室町時代から江戸初期にかけて、武士の世界では名馬を愛玩する風潮が生まれ、牧馬図、厩図、調馬図など、馬を題材とした絵画が数多く作られました。なかでも厩図は、主ご自慢の駿馬たちが手入れの行き届いた清潔な厩に繋がれ、そこに集う人々が娯楽に興じる様を描いたもので、国内外に優れた作品が残っています」というもの。山口版厩図にはオートバイ合体型の馬や一輪車型の馬などが厩につながれているシーンが描かれ、その前で現代人と過去の時代の方々がくつろいでいたりします。これと桃山時代の厩図を並べて拝見するのは、なかなかおもしろい。山口画伯は確実に、過去の作品を研究してますね。

 おそらく、最大の目玉は12年ぶりの新作厩圖なんでしょうが、4月2日時点では白いキャンバスに細いラインが下書きされているだけで、会期中に終わるのか、微妙な感じです。

 「常設展示の曲り屋が、山口晃の手によってインスタレーションに!」というのは、常設を見てないので差分がよくわからなかったけど、おそらくはしつこく貼り紙してあるのが、インスタレーションのようです。馬のところには「うま 人馬一体で歴史を創った」とかありましたが、ほかのはあんまり覚えてません。

Ph04

 ほかにも、絵の入ってない木の額が3つ並んでいるところとかがあり、そこそこ謎の多い展示でした。

 ちなみに図録は作成中とのこと。入口にあるコーナーに以下の写真の説明がありました。4月下旬から発売とのこと。新作の厩図を含んだ図録になると思われます。そうなると、順番としては発売の前に絵ができあがらないといけないので、今の状態だとそこそこ予定がずれそうな気がします。

Ph05

 そんな状態ですが、なんといっても200円で拝見できたのがお得な感じです。絵のほかに馬の博物館ならではの展示、馬の進化の過程を示した標本とか、馬力を実感できる装置の展示とかもよかった。横浜付近に行く機会があったら、再度、覗いてみたいモノです。

 山口晃展をみたあと根岸森林公園を散策しました。ちょうど桜の時期でしたので、かなりの数の花見客がいたんですが、それ以上に広いので、上野公園の花見よりは絶対いい感じです(写真下:高解像度版はこちら)。まあ、上野公園のように夜は入れないでしょうけど。
 
Ph06

 もう一つ、「旧一等馬見所」という建物がユニークでした(写真下:高解像度版はこちら)。旧根岸競馬場のスタンドですが、この角度だとよく分かりません。この向こう側がスタンドになっているようです。

Ph08

 ちなみに、旧一等馬見所と公園の間には米軍の施設があります。そのためか撮影禁止になってます。

Ph07

 じゃ撮影できないのか、残念と思ったら、この看板の上に、さらに看板がありました。

Ph09

 看板曰く

 根岸森林公園のこの付近は、撮影禁止区域です
 (許可が必要となる撮影は行えません)
 個人でお楽しみいただく写真・動画の撮影はご自由におこなっていただけます
 (注:大人数・長時間の場合は下記までお問い合わせください)

 とのこと。文字のサイズがどんどん小さくなっていくのが、面白い。許可の必要な撮影とは、まあ雑誌グラビアとか広告とか、映画とかそういった商業写真・動画の撮影のことらしいです。個人がちまちまと撮影するのは問題ないようです。なんか公園管理も大変ね。

追記

馬の博物館のWebサイトで展覧会図録を4月29日から販売開始とのお知らせが掲載されたので、横浜美術館に行くついでに、寄って見た。

図録は1000円でした。下のような表紙です。

Img_1407_2

で、気になる新作の厩図ですが、下のように掲載されてました。

Dsc00195_2

なんと制作中のままです。いや~、できあがった作品はどのようになるのでしょうか? ちなみに、5月3日時点このまま展示されていました。だいたい1カ月前にみたときは、もっと薄い線でしたが、多少は濃い線になってましたけど、これって色を付けるのかしら。会期終了まで1カ月もないのに、どうなるんでしょう?

|

« 国立西洋美術館で「カラヴァッジョ展」を見る | トップページ | 2016/4/4-4/8の気になったニュース:スマホを天体望遠鏡にするガジェットなど »

art」カテゴリの記事

山口晃」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11441/63449537

この記事へのトラックバック一覧です: 馬の博物館で「馬鑑(うまかがみ) 山口晃展」を見る:

« 国立西洋美術館で「カラヴァッジョ展」を見る | トップページ | 2016/4/4-4/8の気になったニュース:スマホを天体望遠鏡にするガジェットなど »