« 2016/5/23-5/27の気になったニュース:ソフトバンクのスマートメーター連動製品など | トップページ | 横尾忠則現代美術館で「横尾忠則展 わたしのポップと戦争」を見る »

2016.05.29

大阪の国立国際美術館で『森村泰昌:自画像の美術史―「私」と「わたし」が出会うとき』を見る

Kokusai

 大阪の国立国際美美術館(写真上:高解像度版はこちら)で『森村泰昌:自画像の美術史―「私」と「わたし」が出会うとき』(2016/4/5-6/19:1300円)を見た(公式サイトはhttp://morimura2016.com/)。

 国際美術館は5つある国立美術館のうちの一つ。大阪府北区中之島にある。元は1970年に開催された大阪万博で建設された「万国博美術館」を1977年に国立美術館に転用したもので、2004年から中之島に移転した。建物の構造はかなり変わっていて、すべての施設が地下にある。地上には「帆船と竹の生命力」を模したというステンレス製の棒かパイプで作られた巨大なオブジェのようなものが設置され、その内側にガラスで覆われた案内兼入口がある。そこからエスカレーターで降りて地下1階に降りる。地下1階には受付やミュージアムショップ、レストランなどの設備があり、展示スペースは地下2階と地下3階にある。主に、地下2階が常設展示で、地下3階が企画展示となる。森村展は、メインが地下3階だけど、地下2階も映像展示などに使っていた。ちなみに、上の写真で金属製パイプのオブジェの先に建物が見えるが、そちらは大阪市立科学館だそうだ。

Img_1444

 森村さんの作品はご本人曰く「私の作品は、私みずから何ものかに扮し、その姿を写真に撮るというセルフポートレイトの写真作品です」、としています。それも美術作品の中の人物に扮して、その美術作品を再構成するというのが、最大の見どころです。今回の展覧会のポスターはゴッホに扮したものかなと思ったのですが、上の写真のようにファン・エイクになってました(高解像度版はこちら)。ちなみに上の写真を撮った場所は大阪駅付近の地下道にある、だまし絵の並んだところです。まあ、このポスターもだまし絵のようなところもあるので、丁度いいのではないかと思います。さらにちなみに、元絵となるファン・エイクの作品は以下のようになります。

Portrait_of_a_man_by_jan_van_eycksm

 今回の展示は「日本の現代美術を代表する美術家・森村泰昌の地元・大阪の美術館では初となる大規模個展を開催します。約70分にもおよぶ、森村としては初めての長編映像作品を含む50点の新作、未発表作と、過去の代表作あわせて132点で構成します」というもの。出展数が132というのはかなり大量なんですが、新作が50点というのも驚きです(ちなみにチラシでは新作30点となってます?)。さらに70分の長編映像作品もある、ということで、超大盛という印象です。

Ok

 行ってみたら、地下2階までは撮影お断りとなっていましたが、地下3階のところに上の写真のように、撮影OKの看板がありまして、とりあえず、気になる作品は撮影しておきました。その一部を紹介します。

 
Ph01

 まず、入口です。この裏側が『第0章 美術史を知らなかったころの「わたし」がいる』。最も初期の作品である、ゴッホの自画像に扮した作品を発表したときのグループ展をそのまま再現しているようです。このゴッホで森村さんの存在を知ったものとしては、その発表場所が小さなグループ展であったというのは、かなり興味深いです。


Ph02

 第1章が、新作22点で構成される『「私」の美術史』。ここにある作品がすべて、2016年作となっているのが信じられない、というくらい完成度が高い。ダ・ヴィンチからマグリットまで、という感じ。

Davinch

Magritte

 このあと、第2章レンブラント、第3章ゴヤ、第4章フリーダ・カーロと旧作を再構成した展示が続き、第5章で日本の近代画家たちの自画像になります。下の萬鉄五郎の自画像が印象深いね。このほか、小出楢重とか関根正二、青木繁が並んでます。


Yozozu_2

 あと、松本俊介の《立てる像》に扮した《松本俊介/わたしはどこに立っている1》と《松本俊介/わたしはどこに立っている2》もいいですね。

Matsumoto_2

 第6章は現代作家。大野一雄、山口小夜子、田中敦子とか。下は岡本太郎の名作《痛ましき腕》。

Okamoto

 第7章はデシャンとかアンディ・ウォーホル。で第8章がベラスケスの《ラス・メニーナス》。ちなみに、この作品は銀座の資生堂ギャラリーで2013年12月に公開されたとき、拝見しておりましたが、あらためて見て、とんでもなく奥の深い作品であることを気づかされました(関連記事:原美術館、資生堂ギャラリーと森村泰昌の作品展をはしごする)。まあ、この作品、意味を考える以前に11人の登場人物すべてを森村さんが扮するというのが技術的に大変なんですが…。

第9章は『「私」の消滅』。サンクトペテルブルクのエルミタージュ美術館での、第二次世界大戦下の美術品疎開をテーマにした作品。すべての額縁には絵がない状態です。

Herrmitage

 第10章は『さよなら「私」と、「わたし」はつぶやく』。わりと意味不明。分類不能な作品をここに持ってきたのかな? とも取れます。《駒場のマリリン》がちょっと懐かしい。

 最後に「自画像のシンポジオン」。森村さんが扮した自画像たち12名と森村さんが一堂に会するというか、最後の晩餐というか、という作品。ガランとした倉庫のようなところに、長テーブルを置いて13人が座っているというもの。

 このあとは地下2階に戻って、70分の映像鑑賞となるのですが、時間がなかったので、見ておりません。この映像については、スクリプトを全文掲載した『自画像の告白: 「わたし」と「私」が出会うとき』(筑摩書房:2300円+税)があるので、それを読んで我慢することにしました。

 まあ、この本を読むことで、ようやくベラスケスの《ラス・メニーナス》の深い意味が分かりました。一読の価値ありかと思います。

 最後にミュージアムショップによって、図録(2000円)と「自画像のシンポジオン」のアクリルジオラマ(1000円)、マグネット5種類(各540円)を購入しました。アクリルジオラマは以下のようなものです。

Panorama

組み立てると下のようになります。ん~どこに置こうかな。


Img_1470


|

« 2016/5/23-5/27の気になったニュース:ソフトバンクのスマートメーター連動製品など | トップページ | 横尾忠則現代美術館で「横尾忠則展 わたしのポップと戦争」を見る »

art」カテゴリの記事

森村泰昌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11441/63700948

この記事へのトラックバック一覧です: 大阪の国立国際美術館で『森村泰昌:自画像の美術史―「私」と「わたし」が出会うとき』を見る:

« 2016/5/23-5/27の気になったニュース:ソフトバンクのスマートメーター連動製品など | トップページ | 横尾忠則現代美術館で「横尾忠則展 わたしのポップと戦争」を見る »