« 2016/11/21-11/25の気になったニュース:石灰石を主原料にした紙やプラスチックの代替となる新素材LIMEXなど | トップページ | 2016/11/28-12/4の気になったニュース:MSのホログラムコンピュータが価格決定など »

2016.11.30

サントリー美術館で「世界に挑んだ7年 小田野直武と秋田蘭画」を見る

Img_3914

サントリー美術館で「世界に挑んだ7年 小田野直武と秋田蘭画」(2016/11/16-2017/1/9:1300円)を見た。秋田蘭画は18世紀後半に、秋田藩の武士たちによって描かれた洋画風の絵画。平賀源内が秋田藩に鉱山のコンサルタントとして訪れたときに、小田野直武という秋田藩の武士に西洋画の技法を教えたところから始まるようだ。

秋田蘭画のユニークなところは秋田藩主の佐竹曙山が小田野直武から蘭画の技法を教わって絵を描き、西洋画論まで残しているところだろう。そして、平賀源内を起点にしたためか、1779年に起きた源内の殺人事件と源内の死去と連動するように、1780年に小田野直武が亡くなり、その5年後の1785年に佐竹曙山も死んでしまうことで、あっという間に秋田蘭画の関係者がいなくなってしまったことだろう。この展示のタイトルで「世界に挑んだ7年」と謳われているように、小田野直武が江戸に出てきて源内のもとで西洋画を学び、その7年後に死ぬまでのごく短い期間が秋田蘭画の開発期間ということだ。

今回の展示では、この短い期間でできあがった秋田蘭画の背景を解き明かし、その後、どのように展開したのかを明らかにしています。

まあ、ざっくりまとめると、小田野直武が狩野派に学んだうえで、源内から西洋画の知識を教わり、当時、流行していた南蘋派の技法を取り入れて熟成されたのが秋田蘭画というところだろう。そして、その後継者が司馬江漢という流れで、展示されている。

わりと驚いたのは、寛政の改革を実施した松平定信の絵が展示されているところ。この絵は南蘋派の作品で、なかなか立派なモノです。この時代に大名の間では、絵画を巡るネットワークがあった模様です。

さて、秋田蘭画の代表作、小田野直武の「不忍池図」と佐竹曙山の「松に唐鳥図」の2点が同時に展示されるのが12月12日までなので、見逃さないようにしましょう。

|

« 2016/11/21-11/25の気になったニュース:石灰石を主原料にした紙やプラスチックの代替となる新素材LIMEXなど | トップページ | 2016/11/28-12/4の気になったニュース:MSのホログラムコンピュータが価格決定など »

art」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11441/64565139

この記事へのトラックバック一覧です: サントリー美術館で「世界に挑んだ7年 小田野直武と秋田蘭画」を見る:

« 2016/11/21-11/25の気になったニュース:石灰石を主原料にした紙やプラスチックの代替となる新素材LIMEXなど | トップページ | 2016/11/28-12/4の気になったニュース:MSのホログラムコンピュータが価格決定など »