« 2016/10/24-10/28の気になったニュース:シャープの太陽光発電パネル付き椅子 | トップページ | 冨山ガラス美術館で現代ガラス作品を堪能する »

2016.11.03

富山県立中央植物園に行ってみた

富山県立中央植物園へ行ってみた(入場料500円)。以前、ブルータスの植物特集に取り上げられていたこともあって、富山に行く機会があったら、ぜひとも立ち寄ってみたいと思っていたのだが、なんとまあ、奥様が富山マラソンで走るので、私も応援ついでに富山へ。そして、この植物園に行くことができました。

Toyama_botanic1

富山県立中央植物園は池を中心にした屋外の植物園と、5つの温室で構成されています(写真上、Google Mapに高解像度版をアップしました)。訪問した日は、あいにくの雨だったのですが、温室だけでも5つあるから、十分、楽しめるだろうと行ってみました。Google Mapによると高山線の速星駅から徒歩30分ということで、冨山駅から高山線に乗ってみました。2両編成のワンマン電車です。SUICAは使えません。切符買って、駅員さんに改札してもらって、ホームへ。多分15分もかからなかったと思います。しとしとと雨が降っていたので、ちょっと面倒だな、と思っていたら、駅前にタクシーが客待ちしてたので、乗ってしまいました。8分程度で植物園に到着。

実は昼飯がまだだったので、植物園内にある「喫茶室 ココナッツアイランド」で白エビかき揚げ蕎麦、650円也をいただきました。まあ、喫茶室なので、そんなに立派なモノはありませんが、池を眺めながら食事ができるのは、いい感じです。

食後に、まずは温室を見て回りました。温室は「高山・絶滅危惧植物室」「熱帯雨林植物室」「ラン温室」「熱帯果樹室」「雲南温室」の5つ。印象に残ったのは「熱帯果樹室」と「雲南温室」でした。熱帯果樹室には入ったところにバオバブの木があって、下の写真(高解像度版はこちら)のように、触れるようになってます。かなり堅くてひんやりとした手触りでした。

Baobab1

雲南温室は、中国の雲南省の植物を展示しているのですが、解説によると「植物の宝庫」とのこと。雲南省は低地が亜熱帯で、標高の高いところは亜寒帯になるらしく、そのため、多種多様な植物があるらしい。ここでは、愛玉子の実が展示されていました(写真下)。食べたことはあるけど、その実は初めて見ました。ほかの温室も、実がなっていたり、花が咲いていたりと、見応えがあります。

Ougyotyu1


雨の中ですが、外にでて散策しました。といっても、入口に近い北半分だけですが。以下、印象に残ったモノです。

まず、とがったものが生えているところ(写真下)。「すりこぎ状の呼吸根」と解説には書かれました。ラクウショウというアメリカ東南部の湿地に分布する針葉樹です。「粘土質の多い湿地に生育することから根の呼吸が十分にできないので、地上に呼吸根を伸ばし、空気を取り込む」とのこと。

Rakuusyou

こちらはパンパスグラス。寒いはずの冨山でも、立派に育成されてます。

Outdoor1

こちらはコキア。ホウキソウだそうです。

Outdoor2

ほかにも、あるようでしたが、あいにくの雨でしたので2時間ほど滞在して、富山市内の宿に戻りました。タクシーで3000円程度です。

|

« 2016/10/24-10/28の気になったニュース:シャープの太陽光発電パネル付き椅子 | トップページ | 冨山ガラス美術館で現代ガラス作品を堪能する »

園芸」カテゴリの記事

富山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 富山県立中央植物園に行ってみた:

« 2016/10/24-10/28の気になったニュース:シャープの太陽光発電パネル付き椅子 | トップページ | 冨山ガラス美術館で現代ガラス作品を堪能する »