« 東京国立近代美術館で「endless 山田正亮の絵画」を見る | トップページ | 2016/12/26-2017/1/6の気になったニュース:麦芽100%で糖質50%オフの生ビールなど »

2017.01.09

東京国立近代美術館で「瑛九1935-1937 闇の中で『レアル』をさがす」を見る

竹橋の近代美術館で「瑛九1935-1937 闇の中で『レアル』をさがす」(2016/11/22-2017/2/12、430円)を見た。瑛九というと、モノクロのコラージュと晩年に描いた点描作品が印象に残っている美術家です。ここではモノクロのコラージュ作品が登場する時期、それが1935~1937年、にスポットを当て、「苦闘するデビュー前後の瑛九の実像を紹介」する展示です。ちなみに企画展の山田正亮展を見た後に、拝見しました。常設展示のなかにある特別展という感じで、料金は企画展を見た場合は無料になります。

Img007

上の画像は、瑛九展のカタログの表紙です。ここにあるモノクロのコラージュが、瑛九の代表作品なんですが、今回の展示では、この作品の前に発表して自ら「フォト・デッサン」と名付けた、フォトグラム作品も展示されていて、そちらもなかなか面白い。マン・レイとかモホイ=ナジによるフォトグラム作品と、技法的には同じモノだけど、かなり複雑な作品になっている。

個人的に謎のママなのが、モノクロのコラージュと晩年に描いた点描作品の間になにがあったのか、というところですが、デビュー当時の3年間にスポットを当てているので、その答えはありませんでした。まあ、この3年の活動で、戦前の前衛美術に足跡を残し、1937年、26歳で、いったん活動停止したあと、次に登場するのは40歳になった戦後で、点描作品を描くのは死の3年前、1957年あたりからのようだ。この辺の謎も説いてほしいものです。

ちなみにカタログは1300円とお買い得でした。

|

« 東京国立近代美術館で「endless 山田正亮の絵画」を見る | トップページ | 2016/12/26-2017/1/6の気になったニュース:麦芽100%で糖質50%オフの生ビールなど »

art」カテゴリの記事

東京国立近代美術館」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11441/64742221

この記事へのトラックバック一覧です: 東京国立近代美術館で「瑛九1935-1937 闇の中で『レアル』をさがす」を見る:

« 東京国立近代美術館で「endless 山田正亮の絵画」を見る | トップページ | 2016/12/26-2017/1/6の気になったニュース:麦芽100%で糖質50%オフの生ビールなど »