« 神奈川県民ホールギャラリーで「5Rooms - 感覚を開く5つの個展」を見る | トップページ | 国立新美術館で「シェル美術賞展2016」を見る »

2017.01.22

国立新美術館で「19th DOMANI・明日展」を見る

国立新美術館で「19th DOMANI・明日展」(2016/12/10-2017/2/5;1000円)を見た。主催は文化庁。文化庁が海外に派遣した若手美術家の作品を展示している。以下プレスリリースから引用すると

文化庁は、将来の日本の芸術界を支える人材の育成のため、若手芸術家等が海外の大学や芸術関係機関等で行う研修を支援する「新進芸術家海外研修制度(旧・芸術家在外研修)」を 1967 年度から実施しており、まもなく半世紀を迎えようとしています。また、そうした研修の成果発表の機会として 1998 年から「ドマーニ・明日展」を開始し、今年度で第 19 回目を迎えます。

としている。

若手の美術家の作品をある程度まとめて拝見できるので、5年連続で、見に来てます。作品のタイプも、インスタレーション的なモノから、ビデオ、版画、油絵、日本画、写真、彫刻などなど、多岐にわたるので見ていてあきない。あと、この展示の特徴はほぼ撮影がOKなところ。というわけで、写真をまじえながら、メモっておきます。

今回jのテーマについては、「「reconsidering Japan」をゆるやかなテーマに、「2020」を目前にあらためて日本を考える機会とします」とのこと。全体を見た印象ですが、ゆるやか過ぎてテーマの意味がよく分からない、というか、無理にテーマを付けなくてもいいんじゃないの、という感じもする。

でまあ、印象に残った作品&作家ですが、まず秋吉風人。透明なアクリル板に透明感のある油絵具を塗った作品。色の付いた三角定規を重ねたような作品で色の濃淡とかが美しい。

Akiyoshi1

平川祐樹の作品はビデオインスタレーション。暗い部屋の中で天井を見上げると、木立の先に夜空が見える映像が投影されていて、その下を見ると木の根の切り口が写った映像が映し出されている。しんとした静かな感じ。

Hirakawa1

Hirakawa2

松井えり菜の作品は何度か見たことがあるけど、変な自画像の人という印象でした。まあ、そのまま、なんだけど立体も作成していて、そこでも自分をデフォルメしているのは、ちょっと感動した。

Matsui2

Matsui1

保科晶子の作品は陶器なんだけど、子供の服を粘土で作成している。焼き物なのに、布な感じがする。触ってみたい。

Hoshina1

金子富之の作品は東南アジアの宗教をテーマにしている。ヒンドゥー教だそうだ。荒々しい神々という感じ。、

Kaneko1

池内晶子の作品は絹糸を使っている。絹糸で作られた大きなオブジェ。赤い絹糸を結んでつるしたものが、こういう風に見えるのか、という一種の感動がある。

Ikeuchi


|

« 神奈川県民ホールギャラリーで「5Rooms - 感覚を開く5つの個展」を見る | トップページ | 国立新美術館で「シェル美術賞展2016」を見る »

art」カテゴリの記事

DOMANI・明日展」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11441/64772263

この記事へのトラックバック一覧です: 国立新美術館で「19th DOMANI・明日展」を見る:

« 神奈川県民ホールギャラリーで「5Rooms - 感覚を開く5つの個展」を見る | トップページ | 国立新美術館で「シェル美術賞展2016」を見る »