« 2016/12/26-2017/1/6の気になったニュース:麦芽100%で糖質50%オフの生ビールなど | トップページ | 国立新美術館で「19th DOMANI・明日展」を見る »

2017.01.15

神奈川県民ホールギャラリーで「5Rooms - 感覚を開く5つの個展」を見る

神奈川県民ホールギャラリーで「5Rooms - 感覚を開く5つの個展」(2016/12/19-2017/1/21;700円)を見た。神奈川県民ホールギャラリーの5つの部屋を使い、1部屋1作家で計5人の作品を見せるという展示です。参加する作家は陶芸の出和 絵理、漆を使った作品を手がける染谷 聡、写真家の齋藤 陽道、シルクスクリーンの技法を駆使した抽象作品を手がける小野 耕石、廃材を素材にしたインスタレーションを仕掛ける丸山 純子。私が見たことがあるのは、写真家の齋藤陽道ぐらいでしたが、齋藤陽道の作品が拝見できるならいいか、という感じで神奈川県民ホールギャラリーに行ってみました。場所はみなとみらい線の日本大通り駅と元町中華街駅の中間より少し日本大通り駅寄り、といったところ。ちなみ神奈川県民ホールギャラリーを訪れるのは、昨年、鴻池朋子展「根源的暴力」を見に行って以来だから1年ぶりです。

最初の部屋が、陶芸の出和 絵理 の作品で下の写真のようなシンプルな展示。

Ph01jpg

ぱっと見たところ、紙かなと思ったのですが、白い磁器とのこと。近寄ってみたのが下の写真。

Ph02jpg

上からの白色の照明がかっこいいです。

次が、染谷 聡の漆を使った作品。その辺に落ちている小枝とか木片、石などを漆でつなげ合わせて装飾した作品。

Ph03jpg


3番目の部屋が小野 耕石の作品。暗い部屋の中で作品にスポットライトをあてた演出です。

Ph04

作品はシルクスクリーンで100回ほどインクを刷り重ねたもの。100回刷り重ねると数mmのインクの柱を形成する。上から見ると下のようになる。抽象画に見えますが、シルクスクリーンです。

Ph05jpg

拡大すると分かるけど、ドットの集合体なのです。

Ph06jpg

ちなみに、立体物にこの色の柱を並べた作品もありました。動物の頭蓋骨を装飾してます。

Ph07

4番目が齋藤 陽道の作品。3面ある画面に写真を投影してます。途中から次のスライドと重ね合わせて投影するので、かなり不思議な映像が現れます。

Ph08

最後が丸山 純子の作品ですが、部屋は一番広く、天井が高い。

Ph09

廃油石けんや廃木材などを用いたインスタレーション、とのこと。難破船という感じです。

|

« 2016/12/26-2017/1/6の気になったニュース:麦芽100%で糖質50%オフの生ビールなど | トップページ | 国立新美術館で「19th DOMANI・明日展」を見る »

art」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11441/64767871

この記事へのトラックバック一覧です: 神奈川県民ホールギャラリーで「5Rooms - 感覚を開く5つの個展」を見る:

« 2016/12/26-2017/1/6の気になったニュース:麦芽100%で糖質50%オフの生ビールなど | トップページ | 国立新美術館で「19th DOMANI・明日展」を見る »