« ゴムに変化する接着剤「Sugru」を試してみる | トップページ | 東京ステーションギャラリーで「パロディ、二重の声 ――日本の一九七〇年代前後左右」を見る »

2017.03.27

2017/3/21-3/24の気になったニュース:チームラボと凸版印刷が開発した美術鑑賞システムなど

凸版印刷、富山県美術館が収蔵するポスターコレクションを大型サイネージで鑑賞できるシステムを開発
http://www.toppan.co.jp/news/2017/03/newsrelease170324.html

201732415023


「凸版印刷は、チームラボと共同で、富山県美術館(所在地:富山県富山市、旧富山県立近代美術館)が収蔵するポスターコレクションを大型サイネージで自由に鑑賞できる新しい表示システムを開発しました。本システムは同館にて2017年3月25日(土)より一般公開される予定です」とのこと。旧富山県立近代美術館はポスターのコレクションで有名ですが、ポスターは印刷物だから液晶ディスプレイでの表示でも確かにいいんじゃないかと思います。場所をとらずに大量のポスターを拝見できるなら、いいアイデアかと。「ポスターコレクション約13,000点のうち3,000点を、80インチ大型タッチパネルサイネージで自由に検索・閲覧できるものです」。ぜひ触ってみたい。


パナソニック、DSD再生対応とUSB-DAC機能搭載のCDステレオシステムを発売
http://news.panasonic.com/jp/press/data/2017/03/jn170324-2/jn170324-2.html

Jn17032421

PANASONIC SC-PMX100の後継機。DSD対応、「44.1kHz/16bitで記録されたCDの信号を、デジタル信号処理によりサンプリング周波数の帯域/ビット数を88.2kHz/32bitに拡張」とかの機能が追加された模様。「電源からくるデジタルノイズを従来機PMX100比30%低減」としているので、音質は期待できそう。お値段はアマゾンで7万5470円


東京西川、睡眠環境を可視化する一般向けサービスを開始
http://www.nishikawasangyo.co.jp/news_release/detail/?pnum=2568

「東京西川は、富士通と共同で開発した睡眠環境解析技術を使い、睡眠を科学的に解明しながら快眠の総合コンサルティングを行う新事業「ねむりの相談所」を、2017 年 3 月 23 日(木)より、全国の直営店、百貨店、寝具専
門店などで順次、展開します」とのこと。寝具メーカーから「睡眠環境コンサルティング」にまで事業領域を拡大するらしい。「睡眠環境を可視化するアプリケーション「睡眠環境解析サービス」を富士通株式会社と共同開発しました。縦 3cm×横 3cm のコイン型の活動量計を装着するだけで、睡眠に関連したデータを回収し、「睡眠環境解析サービス」を通して、日中の「運動量」や睡眠時の「姿勢」「寝返り回数」「時間」など、お客様の眠りを可視化します」。富士通がかんでいるところが面白い。

アップル、iPad向けアプリケーション「Swift Playgrounds」が日本語など5か国語に対応

http://www.apple.com/jp/pr/library/2017/03/21Swift-Playgrounds-Now-Available-in-Five-Additional-Languages.html

Sc552x414

「12歳から112歳まで、これからプログラミングを始めようという方にピッタリです」とのこと。Swiftの学習用アプリでiPadで動作する。そこそこ楽しめそうなので。ちょっと触ってみようかと思います。

|

« ゴムに変化する接着剤「Sugru」を試してみる | トップページ | 東京ステーションギャラリーで「パロディ、二重の声 ――日本の一九七〇年代前後左右」を見る »

News」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11441/65070573

この記事へのトラックバック一覧です: 2017/3/21-3/24の気になったニュース:チームラボと凸版印刷が開発した美術鑑賞システムなど:

« ゴムに変化する接着剤「Sugru」を試してみる | トップページ | 東京ステーションギャラリーで「パロディ、二重の声 ――日本の一九七〇年代前後左右」を見る »