« 東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館で「FACE展 2017」を見る | トップページ | 2017/3/21-3/24の気になったニュース:チームラボと凸版印刷が開発した美術鑑賞システムなど »

2017.03.24

ゴムに変化する接着剤「Sugru」を試してみる

Amazonに「amazon launchpad」というサービスがある。2017年1月18日に始まったものなんだけど、斬新なアイデアを製品化したスタートアップ企業の製品を扱うサービスで、見ていてなかなか面白い。このなかで、気になったのが「Sugru」という製品。下の写真のようなパッケージだ。

Ph01

粘土のような接着剤で、固まるとゴムとかシリコンラバーのように柔軟性と耐久性を兼ねそなえたモノになる。例えば、USBケーブルの一部が割れてしまって、金属の配線が見えるようになった場合に、修理に使える。

私の場合は、コートのポケットについている、ファスナーの開閉に使うつまみの部分が外れてしまって、そのつまみの部分の代わりになりそうだなと思って、購入してみた。具体的には下の写真のようにファスナーのつまむところだ。

Ph03

これが下のように外れてしまったわけです。

Ph02

Sugruのパッケージを開くと下のようになる。

Ph06

これを粘土のように丸めて、形を整えて、紐のまわりに付けました。説明によると30分以内に整える、とのことです。厚さが3-5mm以上のものは24時間以上、放置しておくと、できあがるそうです。下の写真が24時間後の状態。

Ph08

不格好ですが、使用上、問題ありません。ただし、1つのパッケージには5g入っているのですが、今回の用途には多すぎました。だいたい半分を使ってみました。残りはちょうど、コネクタのところにひびが入ったUSBケーブルがあったので、その修理に使いました。

さて、お値段ですが、8パックがアマゾンで3021円でした。ただ、今回はお試しのつもりがあったので、3パック入りのモノをSugruのサイトで直接購入しました。お値段は送料込みで9.54ポンド。Paypalで支払いました。円だと1401円です。入手に10日前後と多少、時間がかかりましたが、特に大きな問題はありませんでした。


|

« 東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館で「FACE展 2017」を見る | トップページ | 2017/3/21-3/24の気になったニュース:チームラボと凸版印刷が開発した美術鑑賞システムなど »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11441/65061471

この記事へのトラックバック一覧です: ゴムに変化する接着剤「Sugru」を試してみる:

« 東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館で「FACE展 2017」を見る | トップページ | 2017/3/21-3/24の気になったニュース:チームラボと凸版印刷が開発した美術鑑賞システムなど »