« 上野の森美術館で「VOCA展2017」を見る | トップページ | 初台の東京オペラシティ アートギャラリーで「片山正通的百科全書」を見る »

2017.04.27

東京藝術大学大学美術館で「雪村 奇想の誕生」を見る

Sesson1

東京藝術大学大学美術館で「雪村 奇想の誕生」(2017/3/28- 5/21:1600円)を見た。雪村単独の展覧会を見るのは2002年以来です。2002年に見たのは「雪村展 戦国時代のスーパー・エキセントリック」。千葉市美術館で開催された(その後、松濤美術館、山口県立美術館、福島県立美術館へ巡回)。おそらくは、このとき初めて雪村作品をまとめて見たのだけど、そのとき以来、雪村ファンです。

今回の雪村展は、作品の面では、2002年の展示と大きくは変わらない。龍の頭に乗った「呂洞賓図」(大和文華館が所蔵)、鯉のヒゲを手綱のようにつかんで鯉にまたがる「琴高仙人・群仙図」(京都国立博物館が所蔵)、風に吹かれて軽々と浮遊する「列子御風図」(アルカンシエール美術財団が所蔵)といった作品は今回も拝見できる。ただし雪村作品の数という点では、2002年の方が多かった。図録を見る限り、2002年の展示では134点、2017年は94点です。というわけで前回ほどは、雪村の作品点数は多くないです。まあ点数が多ければいい、というわけでもないけど。

今回、2017年の展示の特徴は、雪村の影響を受けた作家の作品を数多く展示している、というところかと思います。特に尾形光琳については、コーナーを作って、光琳の描いた布袋の絵を見せたりしてます。確かに光琳の布袋は、雪村の布袋に似ている。そして、光琳の紅白梅図屏風の元になったのでは?といわれている「欠伸布袋・紅白梅図」(茨城県立博物館が所蔵)も展示されてます。この絵は左右に梅の絵、真ん中にあくびをする布袋という、よく分からない構成ですが、言われてみれば、紅白梅図の発想の元かもしれない。図録によると、欠伸布袋・紅白梅図は光琳が江戸にいたころに、ある大名が所有していて江戸にあったそうで、光琳が見ている可能性は高いらしい。

展示替えがあるので、もう一度、見に行こうかと思います。ちなみに、滋賀県のMIHO MUSEUMに、巡回する(2017/8/1~ 9/3)そうなので、興味のある方はぜひ、というところかと。

ところで、この展示のキャッチというかコピーとなっている「『ゆきむら』ではなく『せっそん』です」はどうなんだろう、という感じ。まあ、そうなんだけど、ほかにないの? というか、いらないなあと思います。それから、ついでに気にいらないのが、ミュージアムショップで、クレジットカードが使えないこと。いい加減にしてほしい。

追記
大きな展示替えが4月25日にあって、そこそこ入れ替わっていたので、再度、見に行きました。各地の美術館や博物館から借りてきているし、会場の広さの面でも、しょうがないのだろうけど、前期に見たら割引にするとか、もう少し考えていただきたい。まあ、それでも大きな鯉にまたがった「琴高仙人・群仙図」とか、根津美術館所蔵の「龍虎図屏風」(5/7まで)が拝見できたので、いいんじゃないでしょうか。


|

« 上野の森美術館で「VOCA展2017」を見る | トップページ | 初台の東京オペラシティ アートギャラリーで「片山正通的百科全書」を見る »

art」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11441/65193169

この記事へのトラックバック一覧です: 東京藝術大学大学美術館で「雪村 奇想の誕生」を見る:

« 上野の森美術館で「VOCA展2017」を見る | トップページ | 初台の東京オペラシティ アートギャラリーで「片山正通的百科全書」を見る »