« KAAT神奈川芸術劇場で「詩情の森 ── 語りかたられる空間」を見る | トップページ | 平塚市美術館で「リアル(写実)のゆくえ-高橋由一、岸田劉生、そして現代につなぐもの」を見る »

2017.05.29

DIC川村記念美術館で「ヴォルス――路上から宇宙へ」を見る

Ph01

DIC川村記念美術館で「ヴォルス――路上から宇宙へ」(2017/4/1-7/2:1300円)を見た。ヴォルスについては何も知らずに、初夏の川村記念でも見に行くか、という感じで行ってきました。解説によると「“WOLS”はペンネームで、本名はアルフレート=オットー=ヴォルフガング・シュルツ Alfred Otto Wolfgang Schulze(1913-51)です。父は著名な法学博士、ベルリンの豊かで教育ある家庭に生まれました。ドレスデンに医師の祖父がいて、姉や弟と幼少期を過ごしています」とのこと。どうやら写真家として名をあげ、その後、版画や絵画も手がけた、美術家らしい。写真は、普通に人物写真もあったけど、映像のなかに形を発見するような、ちょっと変な写真が多かった。

Ph02

上は「無題(柄のあるウサギの頭)」というタイトルで、1938-39年の作品。

Ph03

こちらはセルフポートレイト。1940-41年の作品。このとき27-28歳。解説によると、第二次世界大戦の始まったところで、フランスにいたドイツ人は収容所にいれられたそうだ。ヴォルスもパリで写真家として活動を始め、そこそこ注目されはじめたところで、収容所に収監された。そこで、絵を描くようになった、とのこと。

Ph04

上のパウル・クレー的な色彩の水彩画は、初期の作品で「サーカス・ヴォルグ」という連作のうちの一つ。タイトルは「人物と空想の動物たち」。ふわふわと変なモノ達が浮遊している感じ。制作時期は1936-40年となっている。

Ph05

こちらは1949年の作品。タイトルは「抽象」。タイトル通りより抽象化が進んでます。ヴォルスは1949年にはアルコール依存症で入院していて、1951年には亡くなるわけで、精神的にも肉体的にも破綻に向かっているところと思われます。ヴォルスは死後、アンフォルメルの先駆者と呼ばれるようになるのですが、そういった後付けの評判は置いていおいて、このオリジナリティ溢れる作品はなかなか飽きません。つい、見入ってしまいます。

|

« KAAT神奈川芸術劇場で「詩情の森 ── 語りかたられる空間」を見る | トップページ | 平塚市美術館で「リアル(写実)のゆくえ-高橋由一、岸田劉生、そして現代につなぐもの」を見る »

art」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11441/65345165

この記事へのトラックバック一覧です: DIC川村記念美術館で「ヴォルス――路上から宇宙へ」を見る:

« KAAT神奈川芸術劇場で「詩情の森 ── 語りかたられる空間」を見る | トップページ | 平塚市美術館で「リアル(写実)のゆくえ-高橋由一、岸田劉生、そして現代につなぐもの」を見る »