« 松江でお城の「堀川めぐり」を堪能する | トップページ | 境港で水木しげるさんの作品を堪能する »

2017.07.30

島根県立美術館で夕陽を堪能する

Sinjiko2_s

松江城の周辺を見た後で、街中を散歩しながら、島根県立美術館へ移動。島根県立美術館は宍道湖の湖畔にあり、美しい夕陽が堪能できる(写真上:高解像度版はこちら)。

夕陽を売り物にしているだけのことはあって、3月から9月は入場は日没までで、閉館は日没後30分となっている。夏至のころなら19時27分が日没時間とのこと。建物は2階建てで1階が企画展示、2階がコレクションの常設展示となっている。設計は菊竹清訓。

訪れたときは「江戸の遊び絵づくし」(2017/5/19-7/3:1000円)という企画展を開催しておりました。

Edonoasobie1

たくさんの人とか猫を組み合わせて、大きな人とか猫を表現した「寄せ絵」、頭は5つだけど体は10ある「五頭十体図」、上下をひっくり返すと別の絵に見える「上下図」など、それぞれは見たことがあるような気がするのですが。これだけまとめて拝見すると、なかなか圧倒的です。そして「寄せ絵」の作者はアルチンボルドの作品を見たんだろうか?とか気になることはいくつかありますが…。ちなみに、最も気にいったのは「五頭十体図」。下の写真はカタログの裏表紙を撮ったものです。

510

作者は歌川貞景。生没不詳ですが、国貞の門人で、この作品は天保年間(1830年 - 1844年)のものらしい。カタログによると、この手の作品では初期のもの、とのこと。この企画展、巡回しないのがもったいない、という気がしました。

美術館の2階は常設で、コレクションを展示してます。2階に上がるとどーんとオーギュスト・ロダンの《ヴィクトル・ユゴーのモニュメント》というブロンズ像が展示されていました(写真下:高解像度版はこちら)。このブロンズ像を囲むように部屋が5つあって、それぞれテーマ別に展示してます。1室は日本画、洋画など平面肉筆系、2室が版画、といった感じ。写真の展示もあって、杉本博司さんの海景シリーズなどが展示されてました。海景シリーズに隠岐で撮影したものがあったのが印象的。

Sam


美術館の中も面白いが、その前庭とでもいうのか、美術館前の湖畔にパブリックアート的に立体系の大きな作品が並んでいて、こちらも見逃せない。兎が跳びはねて、最後に止まって宍道湖を眺めている様子を12体のブロンズで表した籔内佐斗司(やぶうち さとし)の《宍道湖うさぎ》とか、巨大な2体のオブジェが何やら会話をしているような渡辺豊重の《会話》とか、なかなか大小取り混ぜて、素材もいろいろで飽きないモノです。

まず、籔内佐斗司の《宍道湖うさぎ》。うさぎが駆けていって(写真下:高解像度版はこちら)、宍道湖半で止まって眺めている(写真下:高解像度版はこちら)、というもの。ブロンズです。解説によると「ポーズは3種類。後ろ足で蹴っているポーズと前足で着地しているポーズの2種類のかたちを交互に配置させて動きをだしています」とのこと。

_img0682_s

_img0675

渡辺豊重の《会話》(写真下:高解像度版はこちら)はFRP(Fiber Reinforced Plastics:繊維強化プラスチック)と鉄骨で造形して、ウレタン塗装したもの。高さ約2m80cmと大きいです。2体の立体物が会話しているような感じらしいのだけど…。作者の渡辺豊重さんは抽象画の人かと思ったのですが、こういった立体も手がけるのね、と芸域の広さに感心してしまった。ちなみに2015年に栃木県立美術館で渡辺さんの個展を拝見しておりました。そのときの記事はこちら

_img0693_s

|

« 松江でお城の「堀川めぐり」を堪能する | トップページ | 境港で水木しげるさんの作品を堪能する »

art」カテゴリの記事

松江・安来・境港・米子」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11441/65572063

この記事へのトラックバック一覧です: 島根県立美術館で夕陽を堪能する:

« 松江でお城の「堀川めぐり」を堪能する | トップページ | 境港で水木しげるさんの作品を堪能する »