« 島根県の足立美術館で日本庭園を堪能する | トップページ | 「小泉八雲記念館」と「小泉八雲旧居」をのぞいてみる »

2017.07.10

国宝「松江城」を堪能する

Matsue2

足立美術館を拝見した後、松江に移動して駅前のホテルに宿泊。翌日は松江市内を見て回る。まずは国宝になった松江城。天気がよかったので駅のあたりから歩いて松江城へ。大橋川を渡り、大手前通りを歩いて、40分程度で到着した。階段を登って天守閣へ。入場料は560円ですが、売店で3館共通入場券なるものがあって、天守閣と小泉八雲記念館、小泉八雲旧居の3カ所を1000円で入場できる、とのこと。ちなみに割引無しで3つ全てに入場するには1260円かかるので、260円お得です。ほかにも特典があるので、まあまあお得です。

入場券を購入して、天守閣へ(写真上:高解像度版はこちら)。最上階の4階まで行けます。途中に甲冑とか、ジオラマとかがあって、そこそこ飽きさせません。階段は桐でできている、とのこと。ともかく急で、はしごの一歩手前という感じ。まあたいがいの天守閣って、そういうモノですね。

4階にあがると松江が一望できます(写真下:高解像度版はこちら)。宍道湖とか、宍道湖半にある島根県立美術館が見えてます。

Matsue1

このほか、興味深かったのは、お城の敷地内に、興雲閣という木造2階建ての洋館があること(写真下:高解像度版はこちら)。説明によると「明治天皇の行在所に使用する目的で建てられた」とのこと。明治天皇の巡幸は実現しなかったそうですが、迎賓館的な役割を果たしてきた建物とのことです。

Kouunkaku


|

« 島根県の足立美術館で日本庭園を堪能する | トップページ | 「小泉八雲記念館」と「小泉八雲旧居」をのぞいてみる »

旅行・地域」カテゴリの記事

松江・安来・境港・米子」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11441/65518501

この記事へのトラックバック一覧です: 国宝「松江城」を堪能する:

« 島根県の足立美術館で日本庭園を堪能する | トップページ | 「小泉八雲記念館」と「小泉八雲旧居」をのぞいてみる »