« 「小泉八雲記念館」と「小泉八雲旧居」をのぞいてみる | トップページ | 島根県立美術館で夕陽を堪能する »

2017.07.18

松江でお城の「堀川めぐり」を堪能する

Horikawa0

小泉八雲の勉強をしたあと、「堀川めぐり」で船に乗って、お城の周りを巡ってみた。上の写真(高解像度版はこちら)の屋根付きの船がその船で、定員13名、長さ8m、幅2mと小型です。船と言うよりはモーターボートって感じですね。橋の下をくぐっていくのですが、17ある橋のうち4カ所は橋桁が低いため、屋根を下げて抜けていきます。その間、乗っている人も身をかがめます。船頭さんが運転するのですが、いろいろと話をしてくれます。

お値段は大人1人1230円(割引券を見つけることができたら1020円)で、松江城の堀をめぐる50分の船旅というか船による散歩が楽しめます。ちょうど良い暇つぶし、という感じ。乗船場所は3カ所ありますが、松江城の北側にある「ふれあい広場乗船場(黒田町)」から乗りました。ほぼ15分間隔で午前9時から午後5時まで運航してます(夏は午後6時まで)。

出発してすぐは松江城に沿って進んでいきます。両側から樹木がせり出して、なかなかワイルドな感じ(写真下:高解像度版はこちら)。

Hirikawa1_s

この先、官庁街の横を抜けていくのですが、一番暗い橋桁があり、短いトンネルに入っていくような感じです。橋の名前はうやべ橋(写真下:高解像度版はこちら)とのこと。

_img0609_s

で、実際に橋桁の下に入ったときは、下の写真のように屋根が降りてきます(高解像度版はこちら)。

Tonnel

次に繁華街へ。東京橋の下をくぐるのですが、橋の名前は「ひがしきょうばし」です(写真下:高解像度版はこちら)。川の名前は京橋川。


Horikawa3_s

左に折れて、米子川に入ります。この辺は両側が個人宅です(写真下:高解像度版はこちら)。水辺に住む感じが、ちょっといいですね。

Horikawa4_s

そして、左折して天守閣が見える当たりにきました(写真下:高解像度版はこちら)。


Hirikawa5_s

季節によって、例えば冬はこたつ船とか、企画もあるようなので、また別の季節に来てみたいモノです。


|

« 「小泉八雲記念館」と「小泉八雲旧居」をのぞいてみる | トップページ | 島根県立美術館で夕陽を堪能する »

旅行・地域」カテゴリの記事

松江・安来・境港・米子」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11441/65547826

この記事へのトラックバック一覧です: 松江でお城の「堀川めぐり」を堪能する:

« 「小泉八雲記念館」と「小泉八雲旧居」をのぞいてみる | トップページ | 島根県立美術館で夕陽を堪能する »