« 境港で水木しげるさんの作品を堪能する | トップページ | 松江・米子で見た興味深いモノ――醤油とかつまみとか »

2017.08.15

植田正治写真美術館で植田正治作品と巨大なカメラ・オブスキュラを見る

_img0769_l

米子駅について、タクシーで植田正治写真美術館(上の写真は裏側:高解像度版はこちら)へ。写真家、植田正治さんの作品を収めた美術館。米子駅からタクシーで20分程度、時間がかからないのは道が空いているからで、往復で7000円程度はかかった。バスもあるのですが、ちょうど行った日は運休期間で、まったく使えなかった。おそらくは梅雨の時期で、本来ならあまり訪問者もいない時期なんでしょう。

ただし、走っていたとしてもバスの本数は少ない。これだけの世界的な観光資源なのに、もったいない。ともかくレンタカーを使って自力で行くというのでなければ、バスの運行状況について確実に把握しておいたほうがいいでしょう。

場所は大山のふもと。植田さんの写真を堪能するとともに、大山の写真も撮影できる。そのために建物を配置した、という感じ。設計は高松 伸。建物から望む大山は美しく、遮るものはない。ちょうど訪問した日は晴れていたけど、雨の日や雪の日も、それぞれの良さを室内から拝見できそうです。

建物の1階は植田さんの伝記風に植田作品を見せる展示、2階と3階は企画展示となってます。そして2階には「映像展示室」なるものがあって、そこはカメラ・オブスキュラになっている。美術館の前に広がる大山を逆さに投写します。レンズは直径600mm。ちなみにこの記事の一番上の写真で建物の左端のブロック中央に黒い丸がありますが、それがレンズです。

2階からは大山を撮影することができます。大山撮影用の場所は3つあって、なんとなく横位置、縦位置、企画モノという感じ。それぞれ、水が張ってあって、大山が逆さに映るようになっている。

右端は横位置で撮影できるようになっていて、椅子が5つ並んでいる(写真下:高解像度版はこちら)。

_img0760_l

そこから撮影したのが下の写真(高解像度版はこちら)。

_img0739_l

中央の撮影場所には椅子が2つある(写真下:高解像度版はこちら)。

_img0749_l

そこから撮ると下のようになる(高解像度版はこちら)。

_img0745_l

左端が企画モノ。ガラスに黒い帽子のマークが貼ってある(写真下:高解像度版はこちら)。砂丘シリーズに何度か登場したアイコンですね。

_img0754_l

ちなみに美術館の外にでて、大山を撮影すると以下のようになります(高解像度版はこちら)。

_img0763_l

入場料は900円。まあ納得のお値段です。

|

« 境港で水木しげるさんの作品を堪能する | トップページ | 松江・米子で見た興味深いモノ――醤油とかつまみとか »

art」カテゴリの記事

写真」カテゴリの記事

松江・安来・境港・米子」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11441/65660760

この記事へのトラックバック一覧です: 植田正治写真美術館で植田正治作品と巨大なカメラ・オブスキュラを見る:

« 境港で水木しげるさんの作品を堪能する | トップページ | 松江・米子で見た興味深いモノ――醤油とかつまみとか »