« 植田正治写真美術館で植田正治作品と巨大なカメラ・オブスキュラを見る | トップページ | 伊丹市立美術館で「O JUN×棚田康司 『鬩(せめぐ)』展」を見る »

2017.08.15

松江・米子で見た興味深いモノ――醤油とかつまみとか

松江・米子界隈を旅して、いくつか美術館を巡ったけど、いくつか興味深いモノを見たので、メモとして残しておきます。まず、食関連。日本酒の酒蔵が多いのは知っていたし、その酒がうまいのも知っていた。でも醤油はあまり知らなかった。濃い口で甘い醤油があるのは聞いたことがあったけど…。

Syouyu1

上の写真は松江市内の食品スーパー「ラパン」をのぞいたときに、見かけた醤油コーナーの説明です。味の淡いモノから濃いものまで6種類をパネルで解説している。で、足下を見るといろいろあります。

Syouyu2

一瞬、どれか買っていこうかと思いましたが、さすがに重いので断念しました。6種セットとかが小型ペットボトルに入っていたら買うんだけど、まあ無理か。

Otumami

次はつまみ。国宝となった松江城に向かっていた途中で発見ししました。ゆるめのイカのイラストと、イカと殿さんが剣をまじえているイラストが目印です。その名も「おつまみ研究所 松江殿町ラボ」。略して「おつ研」。

ナッツ、ドライフルーツ、魚の干物など、いわゆる「おつまみ」を取りそろえた「研究所」で「ラボ」です。立ち飲みカウンターがあるので、どうやら試食しながら、一杯できるらしいけど、おつまみだけ買ってみました。「ノドグロの浜焼」(1000円)、「LBしじみ醤油カシュー」(500円)、「LBあごだし醤油カシュー」(500円)を購入。残念なのはクレジットカードが使えないことですね。

Signal

そういえば車道にある交通信号機も興味深かった。上の写真は八雲記念館前の交差点ですが、交差点の真ん中にくるように信号機が設置されてます。一つのユニットに信号機が4つセットされている、とでも言うのでしょうか? ほかでは見たことがない型式です。

竹島も気になる。JR松江駅の駅前で拝見しました。

Takesima

ただし、これ以外の露出はなかった。

そして、あまり露出しないので、ほぼ忘れてましたが島根原子力発電所もありますね。日本で初の都道府県庁所在地に立地する原子力発電所です。3機あり、現在、2号機が定期点検中で、1号機は廃炉処理開始、3号機は建設中という状態。さて、どうなることやら。

|

« 植田正治写真美術館で植田正治作品と巨大なカメラ・オブスキュラを見る | トップページ | 伊丹市立美術館で「O JUN×棚田康司 『鬩(せめぐ)』展」を見る »

松江・安来・境港・米子」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11441/65667260

この記事へのトラックバック一覧です: 松江・米子で見た興味深いモノ――醤油とかつまみとか:

« 植田正治写真美術館で植田正治作品と巨大なカメラ・オブスキュラを見る | トップページ | 伊丹市立美術館で「O JUN×棚田康司 『鬩(せめぐ)』展」を見る »