« すみだ北斎美術館で「大ダルマ制作200年記念 パフォーマー☆北斎 ~江戸と名古屋を駆ける~」を見る | トップページ | 川村記念美術館で「フェリーチェ・ベアトの写真 人物・風景と日本の洋画」を見る »

2017.10.16

2017/10/10-10/13の気になったニュース:キングジムがクラウドファンディングで見守りツールなど

キングジム、荷物を見守るためのデジタルツール モニタリングアラーム「トレネ」を開発
http://www.kingjim.co.jp/news/release/detail/_id_21743
R20171011_large

「キングジムは、一人での離席の際に、荷物を見守るデジタルツール、モニタリングアラーム「トレネ」を開発。市場導入にあたり、マクアケが運営するクラウドファンディングサービス「Makuake」を利用したプロジェクトを、2017年10月11日(水)より開始します」とのこと。「モニタリングアラーム「トレネ」は、カフェなどの外出先で荷物を置いたまま離席するときに、スマートフォンと連携して荷物の"見守り"をしてくれるデジタルツールです。スマートフォンと「トレネ」を専用アプリで連携させ、荷物の上に「トレネ」を置きます。スマートフォンを持ったまま「トレネ」から離れると自動的に警戒状態になり、荷物を動かそうとして「トレネ」に振動が加わると、警告のアラームが鳴ります。スマートフォンを持って「トレネ」に近づくと自動的に警戒状態が解除され、この時に「トレネ」に振動が加わっても、アラームが鳴ることはありません」というものらしい。鳴るのか、という感じ。動かそうとすると、その瞬間にフラッシュたいて撮影して、画像を送るとかはどうだろう?

アマゾン、Kindle電子書籍リーダーの最上位機種「Kindle Oasis」の新モデルを発表
https://amazon-press.jp/Top-Navi/Press-releases/Presselist/Press-release/amazon/jp/Devices/2017/Kindle-Oasis-2017-10-11/

「Amazon.co.jp (以下、Amazon) は、本日2017年10月11日(水)、Kindle電子書籍リーダーの最上位機種「Kindle Oasis」の新モデルを発表しました。Kindle電子書籍リーダーとして最大の7インチの画面、くっきりと明瞭な文字を表示する300ppiの最高解像度ディスプレイ、また、独自の人間工学に基づく軽量薄型のデザインを採用し、お客様に読書に没頭できる環境をご提供します。」とのこと。「さらにKindle電子書籍リーダー初の防水機能(IPX8等級)を備え、お風呂やプールなど、今まで適わなかった場所でも、くつろぎながら読書を楽しめるほか、数週間使用可能なバッテリー寿命を有し、バッテリーのフル充電も2時間以内で完了するなど、すべての機能を刷新したモデルとなります」。お値段は3万3980円から。Prime会員ならここから4000円引きです。防水っていいなあ、ちょっと欲しいなあ。

カシオ、耐衝撃性能・防水性能・防塵性能を備えた「GZE-1」を発売
https://www.casio.co.jp/release/2017/1011_gze-1/

Img01

「カシオ計算機は、過酷な環境下で行われるエクストリームスポーツの撮影に適したタフカメラの新ブランド“G’z EYE(ジーズアイ)”を立ち上げ、耐衝撃性能・防水性能・防塵性能を備えた『GZE-1』を10月27日に発売します」とのこと。「4m落下耐衝撃性能、50m防水性能、IP6Xの防塵性能、-10°Cの耐低温性能を備えたタフカメラ」です。お値段はヨドバシで4万9680円。

大日本印刷、東京都現代美術館で展示支援システムに「DNP文字情報伝達インタフェース」を試験搭載
http://www.dnp.co.jp/topic/10139769_2517.html

「大日本印刷(DNP)は、東京都現代美術館が2017年10月7日(土)~11月12日(日)に開催するアートプロジェクト「MOTサテライト2017秋 むすぶ風景」展の展示支援システムに、人の目の動きを誘導して作品解説をスムーズにするDNP独自の文字情報伝達インタフェースを試験搭載します」とのこと。よく分からないので見に行きたいと思います。

JR東日本、列車位置情報を活用した変電設備スリム化の実証試験を実施
http://www.jreast.co.jp/press/2017/20171006.pdf

「JR東日本では、「技術革新中長期ビジョン」に掲げる“鉄道エネルギーマネジメントの確立”の実現に向け取り組んでまいりました。その一環として、列車位置情報を用いた効率的な蓄電池の充放電制御の開発を進め、変電設備スリム化の実現をめざしています」とのこと。「このたび、7月に内房線大貫変電所での試験装置の設置工事が完了したことから、2017年10月より「変電設備のスリム化」および「列車位置情報を用いた効率的な蓄電池の充放電制御」に関する実証試験を行います。 」


|

« すみだ北斎美術館で「大ダルマ制作200年記念 パフォーマー☆北斎 ~江戸と名古屋を駆ける~」を見る | トップページ | 川村記念美術館で「フェリーチェ・ベアトの写真 人物・風景と日本の洋画」を見る »

News」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11441/65926141

この記事へのトラックバック一覧です: 2017/10/10-10/13の気になったニュース:キングジムがクラウドファンディングで見守りツールなど:

« すみだ北斎美術館で「大ダルマ制作200年記念 パフォーマー☆北斎 ~江戸と名古屋を駆ける~」を見る | トップページ | 川村記念美術館で「フェリーチェ・ベアトの写真 人物・風景と日本の洋画」を見る »