« 川村記念美術館で「フェリーチェ・ベアトの写真 人物・風景と日本の洋画」を見る | トップページ | 体調不良中年日記 人間ドック編 オプション検査項目について考察 »

2017.10.20

渋谷区立松濤美術館で「三沢厚彦 アニマルハウス 謎の館」を見る

Animal1jpg
渋谷区立松濤美術館で「三沢厚彦 アニマルハウス 謎の館」(2017/10/7-11/26:500円)を見た。三沢厚彦は1961年生まれの彫刻家。樟を鑿と彫刻刀を使って彫り込み、着彩して等身大の動物を作る。作品は上の写真のような感じです(この作品だけ撮影可でした)。松濤美術館ってかなり変わった美術館で、いわゆるホワイトキューブではないが、そこそこ天井は高く、でも誰かの邸宅みたいなイメージもある。展示もガラスケースの中に作品を入れて、並べて見せるタイプより、今回のように囲いも何もないところに、作品が置かれている方がはまる感じがする。

今回の展示は、三沢作品の展示ということで見に行くと、かなり違っている。見たことのある、例えば舟越桂の作品が置いてあったりして、混沌とした状態です。説明によると「ここを「アニマルハウス 謎の館」と称して、彼らの創造主である三沢も、館の主人として、会期中、館内に居場所を構え、制作したり、展示したりする予定です。さらに親交の深い、注目の作家たち―彫刻家・舟越桂、画家の小林正人と杉戸洋(ひろし)、写真家の浅田政志―を館の中へと招き入れていきます。作家たち、またその作品たち同士の交歓と共鳴によって今後巻き起こる出来事にもご注目ください」とのことで、どうやら展示内容が徐々に変わっていくらしい。

三沢作品は等身大なので、大きな動物は大きいけど、小動物は小さい。小動物が階段の横にいたり、窓の外にいたりするので、その辺も楽しみです。できればエレベーターは使わずに階段を使った方がいいでしょう。

図録はまだできていないので、予約販売中です。12月発売とのこと。作品の写真を掲載するだけでなく、会期中の出来事を記録するらしい。予約したら、ポスターとサイン入りの版画(写真下)がもらえました。ちなみに、こういうパターンだと編集に時間がかかって、発売が遅れるのが常のように思えますが、どうなるんだろう。

Animal2_2


|

« 川村記念美術館で「フェリーチェ・ベアトの写真 人物・風景と日本の洋画」を見る | トップページ | 体調不良中年日記 人間ドック編 オプション検査項目について考察 »

art」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11441/65937656

この記事へのトラックバック一覧です: 渋谷区立松濤美術館で「三沢厚彦 アニマルハウス 謎の館」を見る:

« 川村記念美術館で「フェリーチェ・ベアトの写真 人物・風景と日本の洋画」を見る | トップページ | 体調不良中年日記 人間ドック編 オプション検査項目について考察 »