« 2017/10/10-10/13の気になったニュース:キングジムがクラウドファンディングで見守りツールなど | トップページ | 渋谷区立松濤美術館で「三沢厚彦 アニマルハウス 謎の館」を見る »

2017.10.19

川村記念美術館で「フェリーチェ・ベアトの写真 人物・風景と日本の洋画」を見る

千葉県佐倉市の川村記念美術館で「フェリーチェ・ベアトの写真 人物・風景と日本の洋画」(2017/9/9-12/3:1300円)を見た。幕末から明治にかけての黎明期の写真として、印象に残っている写真がいくつかある。例えば愛宕山からのパノラマ写真なんかもその一つ。今とあまり変わらない密度で建物が建っているけど平べったい江戸の街が、150年前の東京といえば確かにそうだろうと思わせる。実は誰が撮影したのか知らなかったのですが、今回の展示でフェリーチェ・ベアトであることを知りました。

図録によると、フェリーチェ・ベアトは1834年にギリシャのキルケア島で生まれ、1909年にフィレンツェで75歳で亡くなっている。日本には1863年に来て、1884年に離れている。基本的には写真家なんでしょうが、なかなか山っ気のあるかで、事業家として不動産や住宅販売を手がけ、さらに貿易や金融関連の投資にも関わったらしい。最終的には投資に失敗し破産して日本を去っている、とのこと。明治維新(1868年)のちょっと前に来日して、そこそこ落ち着いた明治17年に日本を去っている。古い日本が残っている時期に写真を撮影していることになる。

ベアトは写真をまとめたアルバムを制作して販売していたようだ。川村記念美術館は3冊のアルバムを収蔵していて、そこから180枚の写真を展示している。当然、モノクロで、一部着彩したものがある。風景が多いけど、風俗を撮った人物写真もそこそこある。150年前の日本の風景と日本人の写真なのだけど、人物が特に面白い。ちょんまげを結っていたりするけど、今もその辺にいる人物のように思える。生き生きとしているのだ。つまりベアトという写真家の技量を感じることができる、ということだと思う。

今回は、「ベアトの写真に見られる「人物(風俗)」「風景」という観点から、チャールズ・ワーグマン、高橋由一、本多錦吉郎、渡辺文三郎、五姓田義松、浅井忠、小山正太郎、高橋源吉、曽山幸彦、佐久間文吾の作品18点を展示します」とのことで、同時期の絵画が展示されている。ワーグマンの描いた女性たちが印象深い。

|

« 2017/10/10-10/13の気になったニュース:キングジムがクラウドファンディングで見守りツールなど | トップページ | 渋谷区立松濤美術館で「三沢厚彦 アニマルハウス 謎の館」を見る »

art」カテゴリの記事

DIC川村記念美術館」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11441/65922185

この記事へのトラックバック一覧です: 川村記念美術館で「フェリーチェ・ベアトの写真 人物・風景と日本の洋画」を見る:

« 2017/10/10-10/13の気になったニュース:キングジムがクラウドファンディングで見守りツールなど | トップページ | 渋谷区立松濤美術館で「三沢厚彦 アニマルハウス 謎の館」を見る »