« 草間彌生美術館で「草間彌生美術館開館記念展 創造は孤高の営みだ、愛こそはまさに芸術への近づき」を見る | トップページ | 竹橋の国立近代美術館で「没後40年 熊谷守一 生きるよろこび」を見る »

2017.12.10

埼玉県立近代美術館で「ディエゴ・リベラの時代」を見る

Ph01

埼玉県立近代美術館で「ディエゴ・リベラの時代」(2017/10/21-12/10:1200円)を見た。ディエゴ・リベラは1886年生まれのメキシコの画家。1957年に亡くなっている。メキシコで民族色の強い壁画を描いた美術家、というイメージです。奥さんがフリーダ・カーロで、ドロドロの愛憎劇を繰り広げていたりする。まあ、メキシコ絵画の世界の英雄なんでしょう。でもディエゴ・リベラといえば壁画なので、壁画を持ってくるわけにもいかんでしょうから、どういった展覧会なのだろうか、と疑問を抱えながら北浦和まで行ってみました。

「メキシコ国立芸術院(INBA)との共同企画によるこの展覧会では、初期から晩年にいたるリベラの画業を油彩画、素描、版画など約30点の作品でたどります。また、リベラの師でありメキシコ近代絵画を拓いたべラスコ、同時代のメキシコの様々な美術動向、リベラと関わりのあったレオナール・フジタや北川民次ら日本人画家も紹介し、メキシコの近代美術が掲げた夢を振り返ります」とのことです。壁画は当然来てなかったけど、映像資料で紹介されておりました。

全体としては、リベラの初期の絵や、リベラに関わった人達の作品で、リベラという美術家の全貌を見せるだけでなく、その時代のメキシコ美術の雰囲気が伝わってくる展示でした。

面白かったのは、リベラの初期の作品。パリに渡って、ピカソなどとの交流から、キュビズムの作品を残しています。これがなかなか板についていて、完成度が高い。しかし、後の壁画にどのように関わってくるのか、一端抽象的な作風を完成させてから、壁画の具象表現に戻っていくところが、面白いところです。抽象と具象を行き来するのは、割といろんな美術家にある傾向のようにも思えるのですが…。

もう一つ、興味深いのが、リベラと藤田嗣治との関係です。リベラがパリに滞在したころ、1914年に藤田と交流があった、とのことで、その後、リベラがメキシコに戻って壁画を描くようになってから、1932年に藤田がメキシコに訪問しています。このときはリベラがニューヨークに壁画を描きにいっていたため、会うことはなかったのですが、それなりの影響は受けていたんじゃないかと思います。まあ、勝手な憶測ですが、藤田が《秋田の行事》という壁画を描いたのは1937年だそうで、リベラの巨大な壁画を見て、その影響が多少はあるんじゃないかと思うわけです。

|

« 草間彌生美術館で「草間彌生美術館開館記念展 創造は孤高の営みだ、愛こそはまさに芸術への近づき」を見る | トップページ | 竹橋の国立近代美術館で「没後40年 熊谷守一 生きるよろこび」を見る »

art」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11441/66144958

この記事へのトラックバック一覧です: 埼玉県立近代美術館で「ディエゴ・リベラの時代」を見る:

« 草間彌生美術館で「草間彌生美術館開館記念展 創造は孤高の営みだ、愛こそはまさに芸術への近づき」を見る | トップページ | 竹橋の国立近代美術館で「没後40年 熊谷守一 生きるよろこび」を見る »