« 2018年の年賀状解題 | トップページ | 東京ステーションギャラリーで「コレクションのドア、ひらきます」を見る »

2018.01.08

東京都庭園美術館で「装飾は流転する 『今』と向きあう7つの方法」を見る

Teien1_2

東京都庭園美術館で「装飾は流転する 『今』と向きあう7つの方法」(2017/11/18-2018/2/25:1100円)を見た。庭園美術館は本館(旧朝香宮邸)エレベーター設置工事のため、約半年間休館していた。まあ2017年の夏は閉館していたわけです。休館開けの美術展が「装飾は流転する」。美術において装飾とは何か、というかなり根本的な問いに対して、「装飾は流転する」と答えた感じですが、ちょっと分かりにくい。むしろ「Decoration never dies,anyway」という英語のタイトルの方がぐっとくる。

装飾美術というと、あるいは作品について装飾的というと、どうも純粋芸術的な立場から一歩引いたよう見えることがあるらしい。図録に、本展に参加しているアーティスト全員が装飾に対するそれぞれの立場とか、装飾的であると言われることへの感想を寄稿しているのだけど、装飾に対して世間は否定的だけど、そうは思わない、というテキストが並んでいる。まあ、展覧会の主旨にあった人選なんでしょう。一方で、装飾というモノは上っ面で、表層的で、本質ではないと世間一般は思っている、とも思っているようだ。確かにミニマルな作品の存在意義は装飾を省いた本質を示すという面もあるんだろう。でも個人的には、装飾しないことが装飾であるように見えてしまう。

ここでは、装飾というのは、純粋芸術に対立する概念でもないし、機能主義とも対立するモノではない、という立場をとっている。そんな立場を示すには、アールデコという装飾美術をちりばめた庭園美術館はふさわしい場所だろう。ちなみに出展する作家で、見たことがあって、名前を覚えているのは高田安規子・政子 だけで、そういう意味でも楽しみな展覧会でした。撮影可だったので、気に入った作品の写真を掲載しておきます。

Wim_n

上の写真は、ヴィム・デルヴォワ(Wim Delvoye https://wimdelvoye.be/)の《ノーチラス》。ステンレス製です。とても精密で、解説によると「ゴシック建築の装飾がオウムガイの形に歪められている」モノらしい。

Wim_d

同じくヴィム・デルヴォワの《二つの尾てい骨》。大理石です。

Yamagata_sitihukujin

山縣良和(http://www.writtenafterwards.com/)の作品は熊手とかぬいぐるみとかを組み合わせた作品。タイトルは《七服神》。ファッションデザイナーらしい作品。まあ、ほとんどインスタレーションですね。

Yamagata_coat

赤いコートの一群は山縣の《インバネスコート》。


Takada_gaisenmom

髙田安規子・政子(http://amtakada.com)は一卵性双生児のユニット。その作品は小さくて美しく、そして意表を突く。上の写真は、軽石を削って作ったローマの《凱旋門》。下の写真は《豆本の山》、さらにその下は《カットグラス》。解説によると「切子細工のガラス器に見えるが、実はゴム製の吸盤にカッティングを施したもの」とのこと。

Takada_books

Takada_cut


|

« 2018年の年賀状解題 | トップページ | 東京ステーションギャラリーで「コレクションのドア、ひらきます」を見る »

art」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11441/66244943

この記事へのトラックバック一覧です: 東京都庭園美術館で「装飾は流転する 『今』と向きあう7つの方法」を見る:

« 2018年の年賀状解題 | トップページ | 東京ステーションギャラリーで「コレクションのドア、ひらきます」を見る »