« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »

2018.01.08

東京都庭園美術館で「装飾は流転する 『今』と向きあう7つの方法」を見る

Teien1_2

東京都庭園美術館で「装飾は流転する 『今』と向きあう7つの方法」(2017/11/18-2018/2/25:1100円)を見た。庭園美術館は本館(旧朝香宮邸)エレベーター設置工事のため、約半年間休館していた。まあ2017年の夏は閉館していたわけです。休館開けの美術展が「装飾は流転する」。美術において装飾とは何か、というかなり根本的な問いに対して、「装飾は流転する」と答えた感じですが、ちょっと分かりにくい。むしろ「Decoration never dies,anyway」という英語のタイトルの方がぐっとくる。

装飾美術というと、あるいは作品について装飾的というと、どうも純粋芸術的な立場から一歩引いたよう見えることがあるらしい。図録に、本展に参加しているアーティスト全員が装飾に対するそれぞれの立場とか、装飾的であると言われることへの感想を寄稿しているのだけど、装飾に対して世間は否定的だけど、そうは思わない、というテキストが並んでいる。まあ、展覧会の主旨にあった人選なんでしょう。一方で、装飾というモノは上っ面で、表層的で、本質ではないと世間一般は思っている、とも思っているようだ。確かにミニマルな作品の存在意義は装飾を省いた本質を示すという面もあるんだろう。でも個人的には、装飾しないことが装飾であるように見えてしまう。

ここでは、装飾というのは、純粋芸術に対立する概念でもないし、機能主義とも対立するモノではない、という立場をとっている。そんな立場を示すには、アールデコという装飾美術をちりばめた庭園美術館はふさわしい場所だろう。ちなみに出展する作家で、見たことがあって、名前を覚えているのは高田安規子・政子 だけで、そういう意味でも楽しみな展覧会でした。撮影可だったので、気に入った作品の写真を掲載しておきます。

Wim_n

上の写真は、ヴィム・デルヴォワ(Wim Delvoye https://wimdelvoye.be/)の《ノーチラス》。ステンレス製です。とても精密で、解説によると「ゴシック建築の装飾がオウムガイの形に歪められている」モノらしい。

Wim_d

同じくヴィム・デルヴォワの《二つの尾てい骨》。大理石です。

Yamagata_sitihukujin

山縣良和(http://www.writtenafterwards.com/)の作品は熊手とかぬいぐるみとかを組み合わせた作品。タイトルは《七服神》。ファッションデザイナーらしい作品。まあ、ほとんどインスタレーションですね。

Yamagata_coat

赤いコートの一群は山縣の《インバネスコート》。


Takada_gaisenmom

髙田安規子・政子(http://amtakada.com)は一卵性双生児のユニット。その作品は小さくて美しく、そして意表を突く。上の写真は、軽石を削って作ったローマの《凱旋門》。下の写真は《豆本の山》、さらにその下は《カットグラス》。解説によると「切子細工のガラス器に見えるが、実はゴム製の吸盤にカッティングを施したもの」とのこと。

Takada_books

Takada_cut


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.01.04

2018年の年賀状解題

毎年、年賀状は前年に自分で撮影した写真から18点を適当に選んで組み合わせて作成してます。

2018年の年賀状に使った写真は何かというと……左上からざっと書いておきます。

1babel_2

2017年4月に開催された「ボイマンス美術館所蔵 ブリューゲル『バベルの塔』展」の会場入口にあった看板です。場所は東京都美術館。しかし、日本にいて「バベルの塔」を目にすることができるとは思わなかったな。

1archin

こちらも、日本で拝見できるとは思わなかった作品。2017年6月に開催された「アルチンボルト展」。場所は国立西洋美術館。地下にある会場入口にあった看板です。アルチンボルトの寄せ絵のうち春夏秋冬の4点で構成される「四季」と、「空気」「火」「土(大地)」「水」からなる「四大元素」を拝見できました。それぞれ持ち主が違うので、それを集めた国立西洋に感謝、というところかな。

1jaco

「ジャコメッティ展」は2017年7月に国立新美術館で開催。一部ゾーンが撮影可になっていて、そこで撮ったものです。ジャコメッティの彫刻や絵は、そこに存在する人物について「存在を限界まで削ぎ落としつつ存在を限界まで主張する」という暗黒舞踏的なあり方が好きなんだな。

1kusama

この写真は2017年10月に開館した草間彌生美術館の最上階に鎮座しているカボチャです。タイトルは「Starry Pumpkin」。美術館への入場は完全予約&滞在時間90分入れ替え制になっていてWeb経由で申し込みます。草間彌生さんは、1929年3月生まれだから、そろそろ89歳になるんですが、まだ現役。それも巨大な絵を描き続けているところが凄い。

1katayama

初台の東京オペラシティ アートギャラリーで開催された「片山正通的百科全書 Life is hard... Let's go shopping.」(2017/4/8- 6/25)での写真。片山正通はインテリア・デザイナー。そのコレクションを分類しちょっとカオス的に展示したもの。現代美術から家具、剥製、植物といろいろある。撮り放題だったので、撮ってしまった、という感じ。ちなみにこの展示で最も気に入っているのが、サカナクションの山口一郎氏のインスタレーションなんだけど、公開不可なのでした。

1itami

伊丹市立美術館で見た「O JUN×棚田康司 『鬩(せめぐ)』展」(2017/7/8-8/27)から。棚田康司は彫刻、O JUNは画家です。同世代の作家で、20年来の交流があるとのこと。棚田作品の不思議な造形とO JUNの色彩感覚が好きなので、個人的にはかなり楽しめました。

1mizuki

梅雨の時期に米子・松江を旅しました。異常気象のおかげか、晴天に恵まれて写真は撮りやすかった。上は境港の水木しげるロード。猫娘のブロンズ像です。

1mori

アーツ千代田3331メインギャラリーで開催された佐藤直樹個展「秘境の東京、そこで生えている」(2017/4/30~6/11)で撮影しました。佐藤直樹さんが木炭で描いた作品。長さ150m。タイトルは「そこで生えている」。そのままですが圧巻の作品。

1toyota

豊田市美術館で見た「切断してみる。― 二人の耕平」(2017/1/14~4/2)から。作品的には階段にばらまかれた切断された衣類、というか切断された衣類をばらまく行為なんだろう。ちなみに階段横の壁はジョセフ・コスースの作品で「分類学」。

Icc

NTTインターコミュニケーション・センターで見た「アート+コム/ライゾマティクスリサーチ 光と動きの『ポエティクス/ストラクチャー』」で撮影。発光する輪がゆらんゆらんと動き回るインスタレーション。

Sinjiko

松江を旅したときに、宍道湖の湖畔で撮影しました。6月17日ですが、19時半でこんな状態。そんな時間ですから撮影後に飲みに行ったら、どこも満席で苦労した。予約してから撮影しましょう、という教訓が残りました。ちなみに夕陽の沈む山陰の向こう側に島根原発があるわけです。

Book

KAA神奈川芸術劇場で2017年4月に開催された「詩情の森―語りかたられる空間」で撮影しました。会場は名前の通り劇場で、そこの椅子とか舞台とかを外して、展示に使ったものらしい。スポットライトの使い方が良くて、写真映えする。上の写真は藤堂という彫刻家の作品の一部。

Sirokuma

「片山正通的百科全書」に飾ってあったシロクマの剥製。そこの角を曲がるとシロクマがかまえている、という状況はかなり危険ですが、剥製だから問題ない。

Matue_usagi

宍道湖の湖畔にある籔内佐斗司の「宍道湖うさぎ」。後ろの建物は島根県立美術館。

Tiger

渋谷区立松濤美術館で見た「三沢厚彦 アニマルハウス 謎の館」(2017/10/7-11/26)で撮影。三沢厚彦は彫刻家で樟を鑿と彫刻刀を使って彫り込み、着彩して等身大の動物に仕上げる。

Photo

「建築倉庫」という建築模型の博物館というのが、品川区天王洲にある。そこで撮影しました。建築模型は実際に建てる前に、完成イメージなどを模型にしたもの。見ていると、なかなか面白い。

Photo_2

葉山にある神奈川県立近代美術館葉山館。その入口の前に鎮座するイサム・ノグチの「こけし」。元は、今は亡き神奈川県立近代美術館鎌倉にあった作品です。この美術館、夏場にいい企画をやっていることが多いというのが私の印象です。そのいい企画を見るために、葉山までJR逗子駅からバスで行くのですが、当然、夏場なので海水浴客にまみれることになる。

Matue_hori

松江城のお堀を船で巡るツアーで、船から堀の周りを撮影しました。掘り割りは街中にも巡らされていて、人の家の縁側を抜けていくような感じです。松江にいったら、是非、乗ってみてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »