« 国立新美術館で「シェル美術賞展2017」を見る | トップページ | 国立新美術館で「20th DOMANI・明日展」を見る »

2018.02.18

森美術館で「レアンドロ・エルリッヒ展:見ることのリアル」を見る

Ph01

六本木ヒルズの森美術館で「レアンドロ・エルリッヒ展:見ることのリアル」(2017/11/18- 2018/4/1:1800円)を見た。レアンドロ・エルリッヒの作品といえば、金沢21世紀美術館に設置された“恒久展示作品”「スイミングプール」が印象的です。ちなみにスイミングプールは下の写真のように、金沢21世紀美術館の真ん中に設置されています。

Ph04

このゾーンには無料で入れるので、プールをのぞき込むだけなら、タダです。のぞき込むと水中に人がいる。それも服をきたままのように見えて、酸素ボンベをしょっていないのに、特に苦しそうでもない。

Ph05

種明かしとしては、有料ゾーンからこのプールの中に入ると分かるようになってます。つまり、プールの底は透明になっていて、浅く、水が入っているのほんの少し、というワケなんです。

Ph03


今回の展示は「エルリッヒの四半世紀にわたる活動の全容を紹介する、世界でも過去最大規模の個展です。新作を含む44点の作品を紹介し、その8割が日本初公開となります」とのこと。44点といっても、半分はちいさな模型で、実際にリアルに楽しめるのは15点です。まあ、それでも十分以上に楽しめました。写真撮影がOKでしたので、以下、気に入った作品を紹介します。

最初の作品は「反射する港」で、下の写真です。そこそこ暗闇の空間に船が浮かんでいるというもの。最初は明らかに水に浮かんでいるように見えたのですが、慣れてくると、そうでもないことに気がつきます。少なくとも水は張っていない。船が水に浮かんで反射しているように見える部分もリアルな立体物として作られている、という作品。

Ph07

こちらは「教室」という作品。ほぼ廃墟と化した教室らしき場所に、亡霊のように、人が現る作品です。ガラスで仕切られた部屋の中で、ガラスの向こう側に「廃墟」があって、これを見に来た観客が半透明にガラスに映り込んで、亡霊のように見える、というもの。

Ph08

タイトルは「試着室」(写真下)。鏡を組み合わせて、迷路のようになっています。ただし、ほとんどが鏡ではなく、実際にある部屋なんですが、うまく作られていて、かなり混乱させられます。

Ph09

パンフレットの写真にも使われている「建物」という作品。目の前にあって、人がいっぱいぶら下がっているように見えるのは、実は鏡で、実態は床に敷かれた建物に観客が座ったり寝転がったりしている、という作品。

Ph10

下の写真は「建物」の模型です。

Ph11

さて、この展覧会で作品以外にユニークだったのは、動画もOKとしたところ。条件があって1分以内に限ってます。最近のスマホにしてもデジカメにしても、動画撮影機能は普通に備えているし、静止画はOKだけど動画は禁止とするのは無理がある。禁止しても、チェックする側からすれば、動画撮影か静止画撮影かは外見だけでは区別が付かない。まあ、妥当な条件だと思います。

Ph02


|

« 国立新美術館で「シェル美術賞展2017」を見る | トップページ | 国立新美術館で「20th DOMANI・明日展」を見る »

art」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11441/66394335

この記事へのトラックバック一覧です: 森美術館で「レアンドロ・エルリッヒ展:見ることのリアル」を見る:

« 国立新美術館で「シェル美術賞展2017」を見る | トップページ | 国立新美術館で「20th DOMANI・明日展」を見る »