« 名古屋市美術館で「真島直子 地ごく楽」を見る | トップページ | 東京オペラシティ アートギャラリーで「五木田智央 PEEKABOO」を見る »

2018.04.08

上野の森美術館で「VOCA展2018 現代美術の展望─新しい平面の作家たち」を見る

Pict1

上野の森美術館で「VOCA展2018 現代美術の展望─新しい平面の作家たち」(600円:2018/3/15-3/30)を見た。VOCAはVision Of Contemporary Artの略で、1994年に始まった新人画家の展覧会。平面作品を扱うが、厚さは20cm以内であればOKなので、彫刻っぽい作品もあるし、液晶ディスプレイをはめ込んで映像を使ったインスタレーション的な作品も登場する。

「全国の美術館学芸員、ジャーナリスト、研究者などに40才以下の若手作家の推薦を依頼し、その作家が平面作品の新作を出品するという方式により、全国各地から未知の優れた才能を紹介していきます」という方式で、出展者を選んでいる。推薦者は多少変わるようだが、所属先というか、たいがいはどこかの美術館の学芸員か大学の美術系学部教授といった感じ。たまに独立系のキュレーターの方もいる。ちなみに審査員もそこそこ変わる。VOCAは今年で25年目、つまり25回目だそうだけど、図録によると20年目までは固定で、その後、徐々に変わって、25回目の今年で完全に入れ替わったそうだ。そして4回審査委員を務めたら、原則交代ということにした、とのこと。審査員も美術館に所属する学芸員がメインで、おそらくは公正をきすため

ちなみに、第一生命保険がスポンサーになっていて、「毎回VOCA賞、VOCA奨励賞受賞作品を所蔵し、本社1階にあるロビーでの展示、第一生命ギャラリー(東京都・有楽町)での定期的公開」している。

受賞者などの情報はWebにあるので、とりあえず、気になった作品だけ、メモしておく。

まず、碓井ゆいの《our crazy red dots》。今年のVOCA賞です。日本の国旗、日の丸弁当、赤のドット、草間彌生などのイメージを刺繍とか布を縫い込んで表現した素材をコラージュ的に縫い合わせて、1枚にまとめた作品。クレージーキルトという技法だそうです。作品の左下のあたりに若い頃の草間彌生がいたりするのがよろしい。

次は髙田 安規子・政子の《ジグソーパズル》。髙田 安規子・政子は一卵性双生児のユニット。一見どこにでもあるはずなのに、よく見るとここにしかない作品、インスタレーションを作成する。記憶に残っている作品で、好きなモノというと、苔を加工して迷路にしたモノを俯瞰で撮影した作品《庭園迷路》とか(意味分からないね)。今回、出展したのは切手付きのエアメールの封筒。小さいから、よく見ないと、何がジグソーパズルなのか分からない作品です。

野村康生の《Dimensionism ―両界―》は数学的です。「野村康生は、現代数学や物理学の重要課題である「高次元」の可視化に取り組む作家である」とのこと。両界というと両界曼荼羅が頭に浮かぶ。確かにそのようにも見える。高次元の可視化とは、1つデータが例えば4つの項目で構成されていた場合、2次元や3次元では視覚化できないので、違いが分かるように2次元や3次元で表現する手法のことのようです。まあ、フラクタルでフィボナッチな絵です。

林葵衣の《声の遠近法》は不思議な作品です。高さ15cmで4mの長さの白いもので、巻物のようなんだけど、そこに描かれているのは赤い何かで、よく見ると唇のように思える。実際、「声を発しながらカンバスに口紅の痕跡をとどめる」というものらしい。

森本愛子の《唐草文様》は比較的分かりやすい。主題は唐草文様。絵の中では、どこかの庭で2人の和服を着た女性と植物が描かれていて、和服の文様と植物が連続して、どこから植物でどこから和服の文様なのか、混然としているというものです。

|

« 名古屋市美術館で「真島直子 地ごく楽」を見る | トップページ | 東京オペラシティ アートギャラリーで「五木田智央 PEEKABOO」を見る »

art」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11441/66568565

この記事へのトラックバック一覧です: 上野の森美術館で「VOCA展2018 現代美術の展望─新しい平面の作家たち」を見る:

« 名古屋市美術館で「真島直子 地ごく楽」を見る | トップページ | 東京オペラシティ アートギャラリーで「五木田智央 PEEKABOO」を見る »