« 東京オペラシティ アートギャラリーで「五木田智央 PEEKABOO」を見る | トップページ | 埼玉近代美術館で「モダンアート再訪」を見る »

2018.05.02

東京オペラシティ アートギャラリーで「日常生活|相笠昌義のまなざし」を見る

東京オペラシティ アートギャラリーで「日常生活|相笠昌義のまなざし」(200円:2018/4/14- 6/24)を見た。企画展の五木田智央展を見たあとで、常設展を見にいったら、すべて相笠昌義の作品で埋まっていた。ありがたいことです。相笠昌義の作品は、東京オペラシティ アートギャラリーの常設展でよく見ております。そのおかげで気になって、ぜひ全貌が見たい作家のひとりなのですが、望みが受け入れられたようです。

中学生のときに描いた作品から20代に作成したコラージュ作品やエッチング(作家蔵の作品)に始まって、30代となる1970年代から始まった《日常生活》という油彩画のシリーズが展示されている。全部で79点。作品は作家蔵か東京オペラシティ アートギャラリーの収蔵品で、1点だけ神奈川県立近代美術館の収蔵品があった。

「日常生活」というシリーズは、海水浴場や駅のプラットホーム、動物園、交差点、花見などのシーンで日本人の集団を描いたもの。年代と性別、職業がバラバラで、まあ老若男女を描いてます。それぞれがなんとなく孤立しているような、視線を交わしてないような、ところがあって、現代人の孤独を描いているような気がします。色彩は小豆色がかったくすんだ感じで、これも独特です。

今回の展示では2018年に描かれた作品も拝見できました。1939年生まれなので、今年は79歳なんですが、まだまだ活躍されるのでしょう。その辺も楽しみです。

|

« 東京オペラシティ アートギャラリーで「五木田智央 PEEKABOO」を見る | トップページ | 埼玉近代美術館で「モダンアート再訪」を見る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11441/66673379

この記事へのトラックバック一覧です: 東京オペラシティ アートギャラリーで「日常生活|相笠昌義のまなざし」を見る:

« 東京オペラシティ アートギャラリーで「五木田智央 PEEKABOO」を見る | トップページ | 埼玉近代美術館で「モダンアート再訪」を見る »