« 上野の森美術館で「ミラクル エッシャー展」を見る | トップページ | 栃木県立美術館で「ウェザーリポート 風景からアースワーク、そしてネオ・コスモグラフィア」を見る »

2018.08.08

銀座のポーラ ミュージアム アネックスで野口哲哉 「~中世より愛をこめて~ From Medieval with Love」を見る

銀座一丁目のポーラ ミュージアム アネックスで野口哲哉 「~中世より愛をこめて~ From Medieval with Love」(無料:2018/7/13-9/2)を見た。野口哲哉さんの作品を初めて見たのは2014年に練馬区立美術館で開催された「野口哲哉展―野口哲哉の武者分類図鑑―」でした。鎧兜を身につけた武士の人形と武士達を描いた絵を展示してました。人形も鎧兜も精密だけど、とても人間くさい表情をしてました。今回もその延長線にある作品ですが、全体として人形の種類が増えて、小さい作品から大きい作品まであり、絵もちょっと変わったタッチの作品を展示してました。撮影OKでしたので、気になった作品を写真で紹介いたしましょう。

人形が大きくなったなあ、とまず思わせたのが、会場の入口に置かれた《Clumsy heart》(写真下)。鎧兜の武者がハートを描いている、という作品。高さは74cmある。

Ph02

この人形の表情は見にくいのだけど、精一杯、背伸びして描いている感じがよろしい。まあ、表情だと下の《Sleep Away》が気に入っております。今回は眠っている表情の作品が多い。

Ph04

下のように、元気な方々もいる。

Ph06_2


今回の展示で、興味深かったのは、古い油絵風の絵画。例えば下の《17C ~音楽の寓意~ フェルメールに基づく》はタイトル通りフェルメール風でこれまでにない感じ。この絵の説明に「フェルメールと円空は同い年だ」と書かれていて、その言葉が猛烈に記憶に残ってしまった。

Ph03

今回の展示に合わせて、作品集として「野口哲哉作品集 ~中世より愛をこめて~ 」(求龍堂:3000円)が発売されました。まあ、当然購入しましたが、このほか、ポスター3枚とフィギュア2体も購入しました。ポスターは壁に3枚、貼っております。

Ph01


|

« 上野の森美術館で「ミラクル エッシャー展」を見る | トップページ | 栃木県立美術館で「ウェザーリポート 風景からアースワーク、そしてネオ・コスモグラフィア」を見る »

art」カテゴリの記事

野口哲哉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11441/67028820

この記事へのトラックバック一覧です: 銀座のポーラ ミュージアム アネックスで野口哲哉 「~中世より愛をこめて~ From Medieval with Love」を見る:

« 上野の森美術館で「ミラクル エッシャー展」を見る | トップページ | 栃木県立美術館で「ウェザーリポート 風景からアースワーク、そしてネオ・コスモグラフィア」を見る »