« 東京ステーションギャラリーで「いわさきちひろ、絵描きです。」を見る | トップページ | 埼玉県立近代美術館で「阿部展也 ―あくなき越境者」を見る »

2018.09.13

東京都美術館で「没後50年 藤田嗣治展」を見る

東京都美術館で「没後50年 藤田嗣治展」(1600円:2018/7/31-10/8)を見た。画家・藤田嗣治(レオナール・フジタ) は1886年(明治19年)生まれで1968(昭和43年)に亡くなっている。カタログの年表によると、生まれたのは東京府牛込区で現在の東京都新宿区。父は陸軍軍医。亡くなったのはスイスのチューリッヒだ。

今回の展示は藤田の画業を「風景画」「肖像画」「裸婦」「宗教画」などのテーマに分けて見せてくれる。そして代表的な作品は、ほとんどそろっている。藤田の全貌を理解にするのにはちょうどいい感じです。秋田県立美術館にある「秋田の行事」が来るといいんだけど、まあ大きさを考えると難しいですね。

個人的には以下の2点が目新しかった。

1.藤田もキュビズムの絵を描いていたこと。
2.モディリアーニと親交があったこと。

キュビズムについては2点、絵が展示されていた。意外と面白い絵ではあるけど、習作といった感じ。モディリアーニについては、モディリアーニから画商を紹介してもらったりしている模様。モディリアーニに影響を受けたらしい、ちょっと首の長い女性たちの絵が4点あった。

|

« 東京ステーションギャラリーで「いわさきちひろ、絵描きです。」を見る | トップページ | 埼玉県立近代美術館で「阿部展也 ―あくなき越境者」を見る »

art」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東京都美術館で「没後50年 藤田嗣治展」を見る:

« 東京ステーションギャラリーで「いわさきちひろ、絵描きです。」を見る | トップページ | 埼玉県立近代美術館で「阿部展也 ―あくなき越境者」を見る »