« 東京都美術館で「没後50年 藤田嗣治展」を見る | トップページ | 千葉市美術館で「1968年 激動の時代の芸術」を見る »

2018.09.23

埼玉県立近代美術館で「阿部展也 ―あくなき越境者」を見る

Ph01

埼玉県立近代美術館で「阿部展也 ―あくなき越境者」(1000円:2018/9/15-11/4)を見た。阿部展也(あべ・のぶや、1913-1971)は画家で写真家。シュルレアリスムに始まり、キュビスムそしてアンフォルメルから幾何学的抽象へと、どんどん作風を変えていった美術家。生まれは新潟県五泉市で、亡くなったのはローマ。戦時中はフィリピンで写真家として従軍していたそうで、現地でフィリピン人と結婚しているものの敗戦を契機に離散しているらしい。

展覧会の構成は年代順で、以下のように5章で編成されている。

第1章 出発―〈妖精の距離〉と前衛写真 1932-1941
第2章 フィリピン従軍と戦後の再出発 1941-1947
第3章 人間像の変容―下落合のアトリエにて 1948-1957
第4章 技法の探求から「かたち」回帰へ―エンコ―スティックを中心に 1957-1967
第5章 未完の「越境」 1968-1971

第1章は瀧口修造との共作「妖精の距離」が面白い。1937年の作品で、瀧口の詩に阿部が絵を提供する詩集です。当時のシュルレアリスムの第一人者とでも呼べそうな瀧口とほぼ無名の阿部の組み合わせ、というのが興味深い(ちなみにカタログには阿倍の絵だけが掲載されていて、瀧口の詩は掲載されていない)。また、この時期は写真にも取り組んでいて、マン・レイ的な作品を手がけている。

2章は日本軍の宣伝班とか報道部としてフィリピンに従軍した時期の作品です。どうやら写真の技術を買われて、従軍したらしい。敗戦後は収容所にいてから、開放された、とのこと。

3章は日本に戻ってからの作品ですが、上の看板にも使われているタイプのユーモラスな人物画を描いている。その一方で、写真家の大辻清司と組んで実験的な写真作品にも取り組んでいる。これらの写真は、大辻清司の作品として展示されることが多いと思う。私も大辻清司作品だと思っていたのですが、「演出」は阿部による。この演出がどこまでを指すのか分からないけど、阿部と大辻の共同作品と言えそうだ。

4章になると作風は大きく変わる。具象から完全な抽象への転身です。「エンコースティック」という手法で描くようになって抽象画の画家になってしまった。ちなみにエンコースティックとは「蜜蝋と油絵具等を調合し、バーナーや金属コテで加熱しながら画面に定着させる技法」とのこと。画材の質感を探求するようなタッチで、立体感があってあまり見たことのない作品に仕上がってます。ただし、この期間の後半になると、円を描くようになり、作風ががらりと変化する。

5章は晩年の作品ですが、より幾何学的な作品を描くようになり、画材もその当時としては新しいアクリル絵具を使い始める。発色のよいアクリル絵具と幾何学的なパターンの組み合わせで、大きく作風が変わっています。

まあ、どんどん作風の変わっていく美術家ですが、3章のころの作品は桂ゆきを思い出させるようなところがあって、4章、5章で抽象化に向かうあたりも、桂ゆきがコルクを使った抽象的な作品に入っていくあたりと似ているなあ、と思いながら見ておりました。


|

« 東京都美術館で「没後50年 藤田嗣治展」を見る | トップページ | 千葉市美術館で「1968年 激動の時代の芸術」を見る »

art」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 埼玉県立近代美術館で「阿部展也 ―あくなき越境者」を見る:

« 東京都美術館で「没後50年 藤田嗣治展」を見る | トップページ | 千葉市美術館で「1968年 激動の時代の芸術」を見る »