« 冨山県美術館で常設展示されている三沢作品を見て歩く | トップページ | 東京都美術館で「ムンク展 ―共鳴する魂の叫び」を見る »

2018.11.25

金沢21世紀美術館で「邱志杰(チウ・ジージエ) 書くことに生きる」と「変容する家」を見る

Ph01

冨山まで来たので、ちょっと足を伸ばして、金沢に行ってみた。まあ金沢21世紀美術館に行ってみようと思ったわけです。冨山から金沢は新幹線で30分程度。料金は3840円。ちなみに10月28日に訪れたのですが、ちょうど金沢マラソンが開催中で、朝の9時半に金沢駅についたとき、バスもタクシーも使えず、金沢21世紀美術館には徒歩で行くしかなかった。まあざっと40分ほど、だらだらと歩いて、金沢21世紀美術館に到着しました。上の写真では建物の上に立っているヤン・ファーブルの《雲を測る男》を撮ってみました。

「邱志杰(チウ・ジージエ) 書くことに生きる」(1000円:2018/9/8-2019/3/3)と「変容する家」(無料:2018/9/15- 2018/11/4)が開催中とのことでしたが、美術館の有料ゾーンでやっているのは邱志杰の展示だけでした。「変容する家」は金沢の街中のあちこちで民家やビルを一時的な会場にして日本、中国、韓国の美術家がインスタレーションを実施する、というものでした。まあ、その一部が金沢21世紀美術館とその周辺にある、ということでした。

邱志杰は1969年中国福建省生まれのアーティスト。水墨画的なモノクロの作品のほか、インスタレーション的な作品もあり、インスタレーションも部屋いっぱいの迷路だったり、書だったりする。書でも紙に描くだけでなく、石に刻んだりと、多種多様な表現を見せてくれる。

下の画像は《印章の迷宮》という作品のものでWebサイトからキャプチャーしました。作品というか部屋いっぱいに展開された迷路です。「道教の護符の形態を借りています」とのこと。解説によると「道教の文字は非常に複雑で、かなり曲がりくねった「九畳」と呼ばれる書体を使用していて、字そのものを迷宮のように、迷わせ見失わせる形にして鬼を阻止するという言い伝えがあります」とのこと。

Ph03

文字を石に刻んだ作品とは《一字一石・成敗》です。下の写真のように屋外にも展示されてます。屋外は撮影可です。「何在(どこにある?)」とか「志」とかいう文字がごろんと横たわっているのは、なかなかいい感じです。

Ph02_2

まあ、久しぶりの金沢21世紀美術館でしたが、相変わらず、混んでました。入場券を買うのに、10分程度は行列に並びました。入場券はWebで購入できるようにしてほしいですね。あと、意外と面倒だったのが、会場へ持ち込む荷物への大きさのチェックです。カバンを持っていると、A4サイズの紙をだして、これより大きいと会場には持ち込めず、必ずロッカーに入れるようにと説明を受けます。前に来たときはなかったと思うのだけどね。なにか面倒なことでも起きたんでしょう。

一方の「変容する家」(2018/9/15-11/4)は金沢の街中にある家とかビルの一室とかを会場にして、作品を展示するイベントです。見る側は地図を片手に(あるいはスマホでGoogle Mapを表示して)、街中を散策することになり、作品自体は行って見ないと分からないけど、なかなかワクワクさせるものがありました。出展したのは22組で、広坂、石引、寺町・野町・泉と3つのエリアに分散しているため、全部をみることはできませんでした。金沢21世紀美術館があるのは広坂というエリアで、そこと石引というエリアを見てみました。撮影はOKでしたので、気になった作品を掲載しておきます。

まず、広坂エリアでの川俣正の作品。この方のインスタレーションは遠くからも分かる。建物で木の板が増殖している感じです。

Ph04

Ph05

石引エリアでは、山本 基、呉 夏枝、イ・ハンソルの作品が気になった。山本 基は床に塩で絵を描くアーティスト。砂絵ならぬ塩絵です。塩の白さと床の色だけで構成されているのですが、記憶に残る作品です。普通の家屋の2階を塩の絵で埋めておりました。

Ph06

呉 夏枝の作品は編み物やハギレを布に映し出して、その布を展示する、というもの。色からするとサイアノタイプ(青写真)かな。会場は毛糸店の横で、元になったと思われるレース編みが展示されていた。

Ph08

Ph09

イ・ハンソルの作品は、暗くて奥行きのある部屋にごろんとした塊がたくさん並んでいる展示です。会場の奥でビデオ映像が流れているのだけど、説明を見ないとよく分かりませんでしたが、ごろんとしたモノ達は本とか日記帳のなれの果てで、それを洗濯機で回して固めたモノのようです。そしてビデオはその洗濯機のなかを撮ったモノでした。テーマは浄化のようです。

Ph07

ほかにも、さわひらき、宮永 愛子、ス・ドホの作品があったようですが、時間の関係で拝見できませんでした。

|

« 冨山県美術館で常設展示されている三沢作品を見て歩く | トップページ | 東京都美術館で「ムンク展 ―共鳴する魂の叫び」を見る »

art」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 金沢21世紀美術館で「邱志杰(チウ・ジージエ) 書くことに生きる」と「変容する家」を見る:

« 冨山県美術館で常設展示されている三沢作品を見て歩く | トップページ | 東京都美術館で「ムンク展 ―共鳴する魂の叫び」を見る »